ヴィン・ディーゼル、ワイスピ20周年で思いを新たに「価値のある作品を作りたい」

ヴィン・ディーゼル、ワイスピ20周年で思いを新たに「価値のある作品を作りたい」

 すでに公開されたエリアでは大ヒットしている映画『ワイルドスピード/ジェットブレイク』(全米6月25日、日本8月7日公開)のグローバル・プレミアイベントが現地時間18日、米ロサンゼルスのグローマンズ・チャイニーズ・シアターで開催された。



【写真】活気を取り戻しつつある様子がうかがえるプレミアイベントの模様



 ワイスピ20周年を飾る本作にふさわしい雲一つない晴天の中、会場には、ブラックカーペットが一面に敷かれ、一作目『ワイルド・スピード』(2001年)から登場する1970年のダッチ・チャージャー、さらには最新作に登場する2020年のダッチ・チャージャーの2台が鎮座。



 ブラックカーペット会場内は混雑を避けるため、マスコミと関係者のみの参加となったものの、ユニバーサル・ピクチャーズとしてはコロナ状況下になって以降、初のプレミアイベントということもあり、会場入り口付近には熱狂的なファンの姿も見られた。



 そこへ、ファミリーを率いるドミニク役のヴィン・ディーゼル、ムードメーカー的存在のローマン役タイリース・ギブソン、ファミリーのブレインとして活躍するテズ役クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ファミリーに立ちはだかる宿敵・サイファー役シャーリーズ・セロン、ドミニクの妹・ミア役のジョーダナ・ブリュースター、シリーズへの電撃復帰で注目を集めるハン役のサン・カン、メインストーリーに大きく絡むキャラクターとして出演を果たした日本人キャストのアンナ サワイ、そしてジャスティン・リン監督が登場。



 会場に到着するや否や、ファンに向けてハートマークでアピールしたのは、ヴィン・ディーゼル。20周年を迎えたシリーズについて問われると「僕たちは20年一緒に旅をしているが、それはハリウッドでは稀(まれ)なことだ。世界中の人が長きにわたってこの作品を応援してくれていることを光栄に思う。ベストを尽くして、ファミリーをひとつにする価値のある作品を作りたいと思っている」とファンへの気持ちを明かしながら、さらに続くシリーズに向けて思いを新たにした。



 最新作の見どころについては、「本当にアクション満載なんだ。ユーモアもふんだんに使われているし、そして今作は心温まるファミリーがテーマだ。何よりも1年ぶりの劇場鑑賞だ。間違いなく楽しめる作品だよ」と自信をのぞかせていた。



 タイリース・ギブソンは、ブラックのスーツにゴールドの装飾と、まるで自身の演じるローマンが好みそうなリッチな装いで登場。最新作の魅力について問われると、「シリーズのファンが期待するものを、僕らは力を合わせて作ってきた。その力の原動力がファンの愛とサポートだと知ってほしい。だからこそ全ての瞬間を楽しんでほしいよ! 本作が公開されるのは映画館だけだ! ストリーミングはないからね(笑)。愛してる!」とジョークも交えながらファンに呼びかけた。



 クリス・“リュダクリス”・ブリッジスは颯爽と現れ、「『ワイルド・スピード』を応援してくれてありがとう! 映画館で会えるのを楽しみにしてるよ! 歴史を作ろう! 本作には日本も登場する! みんなに感謝してるよ!」と日本のファンへのメッセージも。



 圧倒的存在感の宿敵を演じているシャーリーズ・セロンは、ついに公開を迎えることについて、「シリーズの出演者とスタッフは、家族同然よ。1年のパンデミックを乗り越え、映画館で一緒に本作を観られるなんて本当にうれしいことだわ!」とコメント。インタビューアーに「すっかりファミリーの一員ですね」と問われると、「追い出されてはいないわね(笑)」と笑顔をみせた。



 さらに、「(本作への)出演依頼が来て、驚いたとともにうれしかった。出演者も監督のジャスティンも、私を歓迎してくれて素晴らしい経験になった。サイファーは大好きなキャラよ。型にハマらなくて、自由。だから私もクレイジーに演じられて楽しいわ」と明かし、ファミリーの一員として、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17年)以来となる出演を果たしたことへの喜びをみせた。



 物語のカギを握るエル役を演じたアンナ サワイは、ブランドン・マクスウェルのドレスに身を包み、流ちょうな英語での海外のインタビューを経て、日本のカメラの前へ登場。ハリウッド大作のプレミアのカーペットを体験した心境について問われると、「プレミアのカーペットを歩くことは初めてですし、このキャストと、そしてこの映画のプレミアイベントということで、本当にエキサイティングな気持ちです!」と笑顔でコメント。



 キャスト陣との想い出について問われると「ヴィンのおうちに夜ご飯に誘っていただいた時に、ヴィンが”きっと君はすごくよくできるよ“と言ってくれたのですが、それがすごく心強かったですし、今もずっと自信につながっています」と主演ヴィン・ディーゼルとの貴重なエピソードを披露した。印象に残っている撮影について問われると、「すべての撮影がとても楽しかったのですが、マシンガンを撃つシーンはCGIや特殊効果無しで行っていて、そのような撮影をロケーションで出来るということはなかなかない経験ですし、もっと今後もチャレンジしたいと思いました」とド派手なアクションシーンに自ら挑んでいたことを明かした。



 「こんにちは!」と日本のあいさつで現れたサン・カンは、ハンとして久しぶりにシリーズに復帰することについて「最高さ! 呼び戻してもらって旧友に再会できた! 俳優陣やスタッフにね。撮影は久しぶりで緊張したけど、みんな家族のように歓迎してくれたよ」と撮影時を振り返ってコメント。



 日本人キャストであるアンナ サワイとの共演について問われると「素晴らしかったよ。才能ある女優で素晴らしい女性だ。シリーズに途中から加わるのは大変だが、彼女はすんなり溶け込めた。仕事への姿勢が真摯だからだよ。彼女がシリーズに加わってくれて本当にうれしいね!」と大絶賛。日本のファミリーへは「長年にわたる応援ありがとう! 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に僕らは全力投球した。ぜひ映画館に戻ってきて観てほしい! 楽しんでね」と熱いメッセージを寄せた。



 最後に、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(13年)以来にメガホンをとったジャスティン・リン監督が登場。20周年続くシリーズについて「15年前 まだここまでの地位を築いてない時にヴィンと約束したんだ。シリーズが続いていくなら、常に進化しようとね。キャラクターは成長し続ける。その約束が守られたからこそ今がある」とコメント。



 そして10作目、11作目の監督も決定していることから、今後のシリーズの展開について問われると、「物語の結末については私とヴィンとポール・ウォーカーで10年くらい前から話してた。どんな最後にしようかとね。当時はただの雑談だったが、私が復帰して、ヴィンが”サーガを終わらせる時が来たな”と。10年を経てその時が来て感慨深いね。是非楽しみにしていてほしい」とファンの期待をあおるような回答。今作で懐かしい仲間、さらに新たな仲間が増え、もちろんのことアクションもスケールアップしている本作。ファミリーたちの物語はどこへ続いていくのか、その行方も気になるところだ。



 ブラックカーペット会場内ではキャスト同士で仲良く肩を組んだり、おちゃらけてみたりと、ファミリーならではの仲の良さを感じさせる場面も。20周年という記念すべきアニバーサリーを迎え、ファミリーの確固たる絆を感じさせる大盛況のプレミアイベントとなった。
カテゴリ