男性がお家デートのとき、じつは「してもらいたいこと」3選

男性がお家デートのとき、じつは「してもらいたいこと」3選

ずっとクールにキメたり格好よさをアピールしたりするのは、疲れるものです。男性だって、時には甘えたい、と考えている人は多いのではありませんか。


男性が周りの目を気にせずに甘えられる場所、それがお家。彼女といっしょに過ごしながら、癒やしてもらいたいと考えているでしょう。


今回はお家デートのときに男性が、じつは「してもらいたいこと」を紹介します。




裸エプロン


「週に一回のお泊りデートでは、僕たちカップルは一緒に料理をつくることが多いかな。いつもは普通に買い出ししてつくり始めるんだけど、たまには裸エプロンなんてのもいいよね。彼女の裸のほうが気になって、料理どころじゃなくなっちゃいそうだけど……。できあがった料理を『あーん』って食べさせてもらえたら最高だよ」(27歳男性/公務員)


ちょっと過激な裸エプロンは、男性なら一度は憧れたことがあるのかも。


彼女が裸エプロンで料理をつくるのを見守るのもいいですが、一緒にイチャイチャしながら料理を楽しみたいと考える男性も多いようです。


ですが下心が見え見えすぎて、男性からはやはり言い出しにくいもの。「今日は裸エプロンでお料理しようかな」なんて、かわいく聞いてみるといいかもしれません。


膝枕で耳掃除


「彼女に面と向かって言い出しにくいけど、やってもらいたいことって言ったらやっぱり膝枕かな。普段は、腕枕で甘えさせてあげることが多いから、たまには俺も甘えたいって思っちゃう。膝枕のまま耳かきをしてもらうのが理想なんだけど……。引かれたら嫌だから、なかなか言えないんだよね」(30歳男性/製造)


男性は疲れたときこそ、女性の膝の温かさに包まれて癒やされたいと思うことが多いようです。


耳掃除と一緒に、優しく耳のマッサージをしてあげるとさらに愛が深まるかもしれませんね。


このような癒やしは、誰でもできるわけではありません。


選ばれた彼女にしかできない特権だと言えるでしょう。



お風呂で背中を洗ってほしい


お風呂で背中を洗ってほしい


「僕にとって、彼女と一緒にお風呂に入っている時間は仕事の疲れが吹き飛ぶくらい癒やしの時間。お互い裸だから何でも言い合えるし、普段見れない彼女の姿が見れるからうれしいです。いつもお互いに背中を流し合いっこしてますよ」(32歳男性/美容師)


彼氏と一緒にお風呂を入ることに抵抗がある女性もいるかもしれません。


でもじつはやってみたい!と思っている男性も多いんです。


男性に「一緒にお風呂に入って背中を洗ってほしい」と言われて恥ずかしいと感じる女性は、電気を消すといいかもしれません。


慣れてきたらボディタオルなしで手洗いしてあげると、彼も喜んでくれるでしょう。


彼氏が甘えられるのはあなただけ


じつは女性に甘えられるばかりではなく、自分から甘えたいと思っている男性も多いもの。


男性からはなかなか言い出しにくいことも、女性がさりげなく提案してあげることで、男性ももっと甘えやすくなります。


普段から頑張っている彼氏が甘えられるのは、彼女であるあなただけかもしれませんよ。


(愛カツ編集部)


●男性が「彼女にリードしてもらいたい」と思っていることは?



カテゴリ