どうして?「好かれると引いてしまう」心理を解説

どうして?「好かれると引いてしまう」心理を解説

自分のことを「好きだ」と言ってくれる男性になぜか興味が湧かない、むしろ引いてしまった、という経験があなたにもあるかもしれません。


そして、自分に全く興味を示さないような男性を追いかけては、失恋し、思い悩む。というサイクルにハマったことはないでしょうか。


この記事では、自分に好意を寄せる男性には興味が持てず、好かれると引いてしまう女性の心理を紐解いていきます。



 


男性のレベルが低いと思ってしまう


自分のことが嫌いだったり、自分への自信のなさが根本にあると、好きになってくれた男性の価値を低くしてしまう傾向がみられます。


こんな自分のことを好きになるなんて、その男性は見る目がない、視野が狭いと考えてしまうのです。


自分よりも劣っている人、レベルの低い人だと思ってしまうと、恋愛対象から外れて興味が持てなくなってしまいますよね。


自分を過小評価しすぎる


このパターンは逆に、男性のレベルを高く、自分を低くみてしまう場合です。


「自分のことを好きになったのは勘違いなんじゃないか?」


「普段の自分は地味だし、たまたま着飾った自分を見て好かれても、あれは本当の自分じゃないし」と大きく謙遜し、相手の気持ちにあえて反発してしまうこともあるかもしれません。


自分を過小評価しすぎていて、あの人は素敵な人だから自分と釣り合うはずがないと敬遠してしまうのです。


本当の自分を見られることを極端に恐れているのではないでしょうか。


 


彼氏への理想が高い


他人から見て羨ましいと思われるような人と付き合えたら、自己評価も自然とあがり、自分に自信が持てますよね。


自分を好きになってくれる人が、そんな人であれば付き合う気になっても、そうでもない人から好かれても…とふってしまったことはないでしょうか。


そして、素敵な彼氏を求めて次の叶わぬ恋に走り出してまうのかもしれません。


自信をもって


気付いて欲しいのは、あなたは十分愛される価値があり魅力的な女性だということ。


人を愛するにはまず自分を認め、愛してあげることが大事です。


あまりに興味の持てない人と無理に付き合う必要はありませんが、少しでもアリかな、という男性から好意を寄せられたなら、避けないでお試しで付き合ってみる、というのも一つの手です。


意外と良い恋愛に展開することもあるかもしれません。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)


●両思いになった途端、冷めてしまう…「蛙化現象」の原因とは?



カテゴリ