「カフェコムサ」に夏の美味しい風物詩“スイカ”を使用したショートケーキが登場

「カフェコムサ」に夏の美味しい風物詩“スイカ”を使用したショートケーキが登場


日本全国の産地、農園の厳選した旬の美味しいフルーツを使用し、日本の四季を感じられるアート感覚溢れるケーキを販売する「カフェコムサ」。同店では、カレンダーで22日の上に15日があり、いちご(15日)が22日の上に乗っていることから、毎月22日を“ショートケーキの日”としている。

今月の“ショートケーキの日”である6月22日(火)には、1日限りで、今が旬の和歌山県産小玉スイカ「ひとりじめ7」を使用したショートケーキが発売されるので紹介したい。

甘みたっぷりでシャリシャリの小玉スイカ


小玉スイカとは、今の時代背景に合わせ、少人数家庭でも食べやすくするために品種改良されたスイカのこと。

「ひとりじめ7」は、日本有数の生産量を誇る小玉スイカの産地である和歌山県で生産されたもので、黒潮暖流の恩恵を受けた温暖な気候風土を活かして栽培している品種だ。

小さくても皮が薄いので可食部が多く、甘みたっぷりでシャリシャリの食感を楽しめるのが特徴で、その名の通りひとりじめして食べたいほどの美味しさと言われている。

「ひとりじめ7」を贅沢に使用したケーキ


今回発売の『和歌山県産 小玉スイカ「ひとりじめ7」のショートケーキ』は、そんな「ひとりじめ7」を贅沢に使用し、チョコと甘さ控えめの抹茶クリームを合わせて飾った一品。

スイカの甘さを引き立たせながら、見た目でも“スイカ”を感じて楽しめるデザインに仕上げている。

商品の詳細


価格は1ピース/1,000円(税込)。なお、銀座店はデザイン、価格が異なる。

この機会に、夏を感じられる『和歌山県産 小玉スイカ「ひとりじめ7」のショートケーキ』を味わってみて!
カテゴリ