米俳優ジョナサン・タッカー、吹替版の津田健次郎に「日本で一番いい声だ」

米俳優ジョナサン・タッカー、吹替版の津田健次郎に「日本で一番いい声だ」

 動画配信サービス「U-NEXT」で配信中のSF超大作ミステリー『DEBRIS/デブリ』(毎週木曜日に1話ずつ配信、全13話)の第1話を本日(22日)午後6時よりYou Tubeで無料公開する。あわせて吹替版に出演する津田健次郎が主演のジョナサン・タッカーに、同じく森なな子がリアン・スティールにそれぞれ行ったインタビュー映像も公開された。



【動画】津田健次郎・森なな子がオリジナル・キャストにインタビュー



 本作は、突如地球に落下した宇宙船の”破片(デブリ)”が引き起こす謎に迫るSF超大作ミステリー。『ジュラシック・ワールド』『インセプション』『ダークナイト』など世界中で数多くの記録的大ヒット作を生み出し続けるLegendary EntertainmentのTV部門を担うLegendary Televisionが手掛けており、その斬新な映像美で全米を魅了した。



 国際的なタスクフォースでデブリの調査に任命された、CIA捜査官ブライアン・ベネヴェンティ役で主演を務めるジョナサン・タッカー(『チャーリーズ・エンジェル』『ホステージ』『テキサス・チェーンソー』)の吹替を津田。同じくMI6諜報員フィノラ・ジョーンズ役を演じるリアン・スティール(『アントマン&ワスプ』『NCIS: ニューオーリンズ』『ドクター・フー』)の吹替を森が担当。



 津田、森はジョナサン、リアンに対して本作の見どころやそれぞれの役を演じる上で感じたこと、お気に入りのエピソードなどをインタビュー。実は日本通であるジョナサンは、「もののあはれ」という言葉を役作りの際に大切にしていることを明かすと同時に、インタビュー後、津田に対して「健次郎は日本で一番いい声を持ってるよ! 一番きれいな声だ」と絶賛。言語の壁を超えて、津田の声の良さは米国人俳優をも魅了した。



 リアンは森に対して「私も質問していい? すでに役が出来上がっているキャラクターと、どうやってつながっているの?」と吹替版制作の過程について興味津々で、逆質問する場面もあったという。



■無料で第1話(日本語字幕版)が観られる

https://youtu.be/CST-H6I-08Q



■津田健次郎×ジョナサン・タッカー:インタビュー映像

https://youtu.be/bcE2H6oFvbs



■森なな子×リアン・スティール:インタビュー映像

https://youtu.be/YFVFK-6iLUg



■公式ホームページ

https://www.video.unext.jp/title_k/debris

カテゴリ