いつ送る?返事が来ない?LINEのよくあるお悩み6つ

いつ送る?返事が来ない?LINEのよくあるお悩み6つ

LINEで簡単につながったりコミュニケーションが取れたりするのは便利な一方で、好きな人に対しては「こんなとき、どうすればいい?」と思うことも。


そこで、恋が始まりそうなシーンを中心に、LINEにまつわる「よくあるお悩み」6つに答えました。


ぜひ参考にしてみてくださいね。




自分からLINEしていい?


好意があるなら「自分から先に送るなんてガツガツしてそうで嫌」という考えは捨てましょう。


LINE交換をしてから時間が経つほど、送るのに口実が必要になりますが、交換直後なら「教えていただいたので送っちゃいました」という理由だけで送れますよね。


「LINEのやりとりがある仲」になるには、自分から動いたほうがスピーディーです。


ストレートにLINEをきいていい?


人づてに、また仕事などに関連付けてLINEを聞くこともできますが、ほかの理由をつけて聞いてしまうと、理由がないときには送りづらくなります。


なので、正解は直球で聞くこと。


とくに飲み会などの別れ際、「そういえば、LINE教えてもらっていい?」と聞けば、たいていあっさり教えてくれますよ。


全然「そういえば」じゃない場合でもOKです。


格安SIMの携帯を使っている人は、ID交換ができない場合もあります。


そうなるとその場でバーコードなどで登録するしかなくなるので、チャンスは逃さないようにしましょう。


初LINEのタイミングは?


「ID交換したら、すぐ!」をオススメします。


早いタイミングで送ることに加え「よかったら一緒にご飯でも」のような軽い好意をにじませた文面にしてください。


人にストレートな好意を出されることはそうないもので、たいていの人は冷たくあしらえません。


最初に好意を出した人が勝つケースは多いのです。



返信がくるLINEって?


返信がくるLINEって?


ただ文末が疑問系になっているような「返事をもらうこと」だけが目的のLINEは読んでいても恋につながるワクワク感はありません。


その日のやりとりが短くても、別の日に彼から自発的に来るほうがうれしいですよね。


文字数や文のトーンを相手に合わせつつ、「読んで楽しい」文を書くのが長い目で見て連絡が途絶えない一番のポイント。


そして、たとえばスタンプ一個だけのLINEに返事を書くのは難しいもの。


何に返事をすればいいのか、分かりやすい文を書くことも大事です。


既読にならない・既読スルー


仕事や趣味で忙しい男性などは、LINEの既読機能を面倒に思う人もいます。


「既読をつけたらすぐ返さなきゃ怒られる」と思い込んで、わざと既読をつけない人も。


男性と自分のペースは違うものと考えて、神経質になるのはやめましょう。


のんびりペースでやりとりするうちに「この時間帯は返事が来ないな」「先に内容を見て、時間のあるときに返す人なんだな」などと、彼のペースが分かってくるでしょう。


次のデートに誘われるためには?


男性にとってLINEは「コミュニケーションツール」ではなく「連絡手段」にすぎないことも。


でも、相手も会いたければ、そして連絡手段(LINE)があれば、必ず誘ってきます。


ますは行ってみたいスポットの話をしたり、彼の話を楽しく盛り上げたりして「この子と話すと楽しい」と思ってもらえれば、必ずデートのお誘いは来るはずです。


LINEをうまく使って


コミュニケーションツールではなく、連絡手段。


男性のそんなLINEへのスタンスを理解して、そのうえで、彼の隣から腕をツンツンとするように、うまくちょっかいを出すようなスタイルがオススメです。


LINEでヤキモキすることもあるかと思いますが、焦らないで!


便利なツールとして、うまく利用していきましょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


●いつ送るのがベスト?…男性からLINEが返ってきやすいタイミング



カテゴリ