履くほどになじむ“作りの良さ”を感じるはず。「ムーンスター」の旗艦店だけで販売される特別なスニーカーを紹介


シューズブランド「MOONSTAR(ムーンスター)」が、限定スニーカー「HIBASKET FGC」を7月1日(木)に発売。



銀座にあるMOONSTARの旗艦店「MOONSTAR Factory Ginza(ムーンスター ファクトリー ギンザ)」のみで販売される、スペシャルなスニーカーです。



MOONSTARの旗艦店限定「HIBASKET FGC」





2018年にオープンした「MOONSTAR Factory Ginza」は、ムーンスターのブランドイメージを発信していく旗艦店。



同店限定で販売される「HIBASKET FGC」は、国内でもごく僅かな工場でしか扱えないという「ヴァルカナイズ製法」でつくられた、日本製のスニーカーです。





ヴァルカナイズ製法により生み出される靴には、“ソールがしなやかで柔らかい”“丈夫で壊れにくい”“美しいシルエットが保てる”といった特長があるそう。



そして何より、熟練の手仕事でしか生み出せない、精巧で美しい“作りの良さ”が魅力なのだといいます。



シンプルなカラー展開で履きやすい





「HIBASKET FGC」のカラーは、「BLACKMONO」と「NATURAL」の2色。





ワントーンでまとめられた「BLACKMONO」に対し、「NATURAL」はブルーに染まったソールがアクセントになっています。





サイズ展開は、22cm~30cm(※ハーフサイズ無し)。価格は税込1万1000円です。



ベーシックなスタイルにシンプルなカラー展開で、様々なスタイルにあわせやすい一足を、ぜひこの機会に手に入れてみてはいかがでしょう。



「月と星のかけらをあつめて」展が開催








なお、MOONSTAR Factory Ginzaでは、6月26日(土)~7月11日(日)の期間中、アーティストの佐野圭さんとコラボレーションした「月と星のかけらをあつめて」展が開催されます。



本展のために制作されたのは、靴の端材を月や星のかけら、生き物などに見立てた作品。靴にはならなかった素材たちが、新たな命を与えられて会場にあらわれます。



イベント期間中は、作品の展示だけでなく販売も行われるそうなので、気になる人は詳細をチェックしてみては。



MOONSTAR Factory Ginza

https://bit.ly/3cUBwEQ





カテゴリ