即実践!「みんなから愛される女性」が無意識に使う3つのLINEテクニック

即実践!「みんなから愛される女性」が無意識に使う3つのLINEテクニック

気になる彼との距離を縮めるのに、LINEを使っていない人はほとんどいないはず。


愛される女性は、重すぎず軽すぎずの絶妙なLINEのテクニックを自然と使っているんだとか。


そこで今回は、異性からも同性からも愛される女性が「無意識に使っているLINEテクニック」をご紹介します!




可愛いスタンプを送ってくれる


「親身になって相談に乗ってくれるのは嬉しいんですけど、重い話を延々としていても疲れますよね。


適度に流れを良い方向に変化させてくれる女性に惹かれます。可愛らしいスタンプで和ませてくれたりすると嬉しいです」(33歳男性/自営業)


少々投資が必要になりますが、みんなが使っていないスタンプは大きな武器になるみたいです。


真剣な話をしているからといって、スタンプを使ってはいけないということはないでしょう。


可愛らしいスタンプと、的確な一言が添えられていれば、たとえ暗い話のなかでも、彼を励ますことができるはず。


どんな会話にも対応できるような、可愛くて癒し要素のあるスタンプを自然に送ってみましょう。


それが、愛される女性の「和ませスキル」かもしれません。


既読スルーはしない


「既読スルーをしない子は、性格がいいなって思います。忙しければ、未読のまま。既読になったら、すぐに返事がくる……という感じの子は裏表がなくて信頼できますし、きっとこれからもいい関係で色々な話ができるんだろうなって思います。


こういう優しい子とずっと繋がりを持っていたいと思いますね」(29歳男性/製造)


読んだはいいけれど、返信するのを忘れてしまい、既読スルーをした経験は誰でもあると思います。


しかし、愛される女性は、そういった部分でも丁寧に対応できるみたい。


読んだことに対してしっかりとアンサーできるのが、みんなに愛される女性の必須スキルでしょう。



否定的な言葉を使わない


「彼女は、なにがあっても『でも~○○だったもん!』みたいな言い訳をしません。言ったことに対してそうなのか違うのかはっきりしていて自分を持っている。


そして相手そのものを否定しないです。考えが違うときは『わたしはこう思う』と言って来てくれるのでありがたいし……言い訳しない女性って良いと思います」(25歳代男性/教師)


どんな話でも、否定されたら悲しいですよね。


LINEでのやり取りでも、同じことが言えるはず。


あなたも、話をしていて「でも、けど、だって」ばかり言われると「自分の思いに寄り添ってもらえていないなぁ……」と悲しい気持ちになりませんか?


愛される女性は、こういった否定形の接続詞を、たとえ無意識でも使わないようです。


つい使ってしまっているかも……という人は、普段から使わないように気をつけてみてくださいね。


すぐに実践できるように意識しよう


すぐに実践できそうでじつは難しい、愛される女性のLINEテクニック。


言い回しや対応は、毎日の生活のなかで意識的に変えていく必要があるでしょう。


日々、努力を重ねることで愛される女性の仲間入りができるはずですよ!


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)


●LINE以外にも!愛される女性が「無意識」にしていること



カテゴリ