香港版『おっさんずラブ』本編が完成 新エピソード増で7話から15話に

香港版『おっさんずラブ』本編が完成 新エピソード増で7話から15話に

 女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中圭)が突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)に告白されることから始まる胸キュン・コメディー『おっさんずラブ』。2018年4月期に連続ドラマとしてテレビ朝日系で放送され、社会現象を巻き起こした。そんな話題作が、香港で初リメイク(香港版のタイトルは『大叔的愛』)。 2月に日本でも第一報が解禁され、大きなニュースとなった。



【画像】完全再現された香港版『おっさんずラブ』の『大叔的愛』のポスター



 2018年放送の連続ドラマ第1弾をもとにした『大叔的愛』は、メインビジュアルの構図もオリジナル版をほぼ踏襲するなど、オリジナルへのリスペクトにあふれた作品となった。それと当時に、リメイク版ならではの“新たなお楽しみ”も。全7話だった日本版オリジナルに、香港版ならではの新エピソードも追加し、全15話のめくるめく純愛ストーリーを描く。



 そんな『大叔的愛』は、キャストも豪華に。香港版・春田創一となる主人公「田一雄」をイードン・ルイ、香港版・牧凌太=「凌少牧」をアンソン・ローと、香港の人気ダンスグループ「MIRROR」のメンバーが熱演。また、香港版・黒澤武蔵=「KK」を、香港の人気俳優ケニー・ウォンが演じる。



 2月に「ViuTV」で開催されたプレス・イベントで、プロデューサーから「人気の日本ドラマ『おっさんずラブ』をリメイクする機会を得て大変うれしいですが、オリジナルの脚本が非常によくできているため、プレッシャーを感じています。香港版は人物と役柄の間の感情をより豊かにし、話数は7話から15話に増加、コメディ要素の誇張は継続させ、オリジナルを観ていた視聴者にも新鮮さを感じてもらい、新たに楽しんでもらいたい」と語っていた。



 そんな香港版『おっさんずラブ』=『大叔的愛』は、6月28日から香港のテレビ局「ViuTV」で放送がスタートし、今秋に日本にも上陸予定。動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」、「テレ朝動画」および「CSテレ朝チャンネル」で配信・放送を予定している。
カテゴリ