猪塚健太、「憧れ」のTBS日曜劇場に初出演 『TOKYO MER』追加キャスト

猪塚健太、「憧れ」のTBS日曜劇場に初出演 『TOKYO MER』追加キャスト

 俳優の鈴木亮平が主演を務める、TBS日曜劇場枠の7月期ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして、猪塚健太の出演が24日、発表された。



【写真】鈴木亮平、賀来賢人、中条あやみら… 豪華キャストが集結



 物語の舞台となるのは、都知事の号令で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す。そして“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。



 猪塚が演じるのは、TOKYO MERの活動をサポートする東京都・危機管理対策室のメンバー・目黒大知。現場で救命活動をするチームに危機管理対策室室長の指示のもと正確な情報を伝え、活動をサポートする。



<猪塚健太>

出演が決定したときには憧れの日曜劇場に出演できるということが本当にうれしくて、日頃から応援してくださっている皆様に早く伝えたくてうずうずしておりました!



僕が演じる目黒が属す危機管理対策室は、一分一秒が人の命に関わる現場のため、いち早く情報を集め、緊迫感をもって指示を的確に伝える、というとても大切な役割を担っています。TOKYO MERのメンバーを裏で支える1人として、大切に言葉を伝えていきたいと思います。



毎話毎話スケールも大きく、チームが一丸となり命がけで人を救う姿にとても胸が熱くなる物語をぜひ皆様に楽しんでいただけたらと思います。
カテゴリ