小説とのペアリングを楽しむ6種のフレーバー。飲む文庫本『珈琲文庫|』の期間限定ショップが渋谷にオープン


“飲む文庫本”をコンセプトにした新コーヒーブランド『珈琲文庫|』の期間限定ショップが、渋谷にある「the Hive JINNAN(ザ・ハイブ 神南)」に登場。



6月28日(月)~7月9日(金)までの期間限定でオープンします。



『珈琲文庫|』による“飲む文庫本”





『珈琲文庫|』が期間限定ショップで販売するのは、まるで文庫本のようなコーヒー。



カップに巻かれたスリーブをはずすと、裏側にはコーヒータイムのおともにぴったりな、原稿用紙1枚分の私小説が記されています。





総勢36名のクリエイターによる、全36種類の私小説。



「かわいい嘘」「忘れられない一言」「2026年 その日の旅」など、6つのテーマをもとに綴られ、コーヒーもまた、そのテーマに合わせた6種類のブレンドが用意されるそうですよ。



参加クリエイター一覧(敬称略・50音順)  

石山 寛樹、出村光世、オダサンセイ、かき氷クリエイター 八家、かぎまさたつや、北野博俊、久世将寛、庫裡原 義人、小藥元、小林淳一、近藤綾香、SUNNY YAMAMOTO、シオミタクヤ、島袋響、次呂久博幸、代田淳平、正田真弘、雑木林いつお、高田陽介、高橋 朗、タカハシトモヨシ、TANABON、寺田ズバーン!!、寺西藍子、東郷佑香、トミタタカシ、流  清太朗、nicohara、みついゆかり、美濃みのり、持山翔子、森本進一、安武俊宏、山口志野、横山淳、レオレオLOVE


一読一服。優雅なコーヒー体験を





そんな『珈琲文庫|』の楽しみ方はとっても簡単。



来店したら、まずは本棚から気になるタイトルのカップ型の文庫本を選びましょう。チョイスした作品にぴったりのコーヒーをバリスタの方が淹れてくれますよ。



テイクアウトで販売されるコーヒーは、1杯(1作品)あたり税込450円。ホットかアイスを選べます。



スリーブを外して一読一服。クリエイターたちによる私小説を楽しみながら、ちょっとユニークなコーヒータイムを体験してみてはいかがでしょう。



珈琲文庫|

期間:6月28日(月)~7月9日(金)

時間:11:00~16:00/土曜のみ 13:00~16:00

定休日:日曜日、雨天

場所:the Hive Jinnan テラス

※テイクアウトのみ、カフェインレスコーヒーの取り扱いはありません。

https://ekkyoinc.jp/coffeebunko/




カテゴリ