森山良子、娘婿・小木博明の意外な一面を告白「泣いたりするの」 がん手術当日の秘話も

森山良子、娘婿・小木博明の意外な一面を告白「泣いたりするの」 がん手術当日の秘話も

 歌手の森山良子が、26日放送のBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(毎週土曜 後9:00)に出演。8年ぶりの登場となった今回、愛車の買い換えを検討している森山のリクエストに応えるため、MCのおぎやはぎが新たな愛車候補をプレゼンする。



【番組カット】小木が森山良子に車のプレゼン



 愛車の「レクサスLS600h」のハンドルを握って登場した森山は「愛用していて、最高の車なんだけど…」と切り出し、仕事用の車として10年間にわたって乗ってきたが、そろそろ買い換えを検討中だと告白。リクエストは「環境にやさしい」「かっこ良くてときめきたい」「乗り心地の良さ」の3つで、1台目のオススメには、あの世界的ドイツ車の電気自動車バージョンが登場した。



 娘婿の小木博明が勧める同車は、環境にやさしいという条件にピッタリで、航続距離は400キロ。安全性、操縦安定性、快適性も抜群という夢のマシンだ。森山も「ホイールがかわいい」と外観にひと目ぼれするも「結局、小木が好きな車を決めなきゃいけないっていう話でね…」と、娘婿である小木への気遣いもチラリとのぞかせた。



 そこから、森山が、家での小木の様子について「ご飯を食べる時の薬味にうるさい」と嘆く一方で「なかなか心温まるいい話をしてくれて…。時々『ちょっと待って』って泣いちゃったりするの」とぶっちゃけ。さらに昨年、小木が腎細胞がんの手術のため入院する当日のちょっとカッコいい話も披露したところ、小木が薬味にうるさい意外な理由も判明する。



 一方、小木は妻と森山との親子げんかについてトーク。2人に対して、どっちつかずの態度を取ってしまいがちな小木は「娘からもバカにされてきて…」との悩みを打ち明け、父親の威厳を失う危機を訴えていた。
カテゴリ