YSLの『リブレ』から新フレグランスが登場!“ハグするように柔らかく、官能的な香り”でちょっぴり大人な私へ


YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)のアイコニックなフレグランス「リブレ」から、まるで“ハグされるようなやさしい香りの「リブレ オーデトワレ」が7月2日(金)に登場。



その発売に先駆けて、6月23日(水)より公式オンライン ブティック・表参道フラッグシップ ブティックにて、先行販売がスタートしました。



柔らかく官能的な“ハグされるような香り”/YSL





ラベンダーやオレンジブロッサムの香りの衝突によって生まれた、自由なフレグランスの「リブレ」。



そこに透明感のあるホワイトティーが加わることによって、柔らかくも情熱的な「リブレ オーデトワレ(30mL 税込9350円~)」が誕生しました。





気になる香りは、官能的なフローラルラベンダーから始まり、その対象的なオレンジブロッサムがミドルで香り、コントラストが強い双方が甘く燃え上がります。



そこにホワイトティーが加わることで、みずみずしい透明感がオン。その繊細さはまさに、スズランが静かに共鳴し、柔らかく、素肌を包み込むようなのだとか。



ラストには、いぶされたバニラとアンバーがオレンジブロッサムの蜜のような甘さと調和して、最後まで表情の変化を楽しめるフレグランスですよ。



まさに、“ハグするように私を抱きしめて、素肌を柔らかく包み込んでくれる”ような香りかも…。



『トップ』:フランス産ラベンダー、ベルガモット

『ミドル』:モロッコ産オレンジブロッサム、ジャスミン、ホワイトティーアコード

『ラスト』:ムスク、バニラ、アンバーグリス


大胆でスタイリッシュなボトルにきゅん





ボトルには、ジュエリーのようにあしらわれたYSLのアイコンロゴが。その姿は、モダン且つ大胆で、とても美しいんです。



アシンメトリーなブラックキャップと、自由なYSL WOMANが唯一身につける鎖を表現した、華やかなゴールドチェーンも印象的ですよね。



素肌を包み込むような薄ピンクのロージィヌードカラーは、クチュールの象徴的な“ヌード”からインスピレーションされたといいます。自由の風が吹き抜け、花々の香りが素肌を包み込む香りをイメージしているそうですよ。





また「リブレ」のアイコニックなボトルをより高くスマートにし、香りの軽やかな透明感を表現。





写真左の30mL(税込9350円)に加えて、写真右の50mL(税込1万3750円)や、持ち運びに便利なWEB限定サイズの10mL(税込3850円)も先行販売中なので、シーンに合わせてお好みのサイズを選んでくださいね。



この夏はちょっぴり官能的で、でも柔らかくてやさしい香りに包まれてみてはいかが?



YSL 公式サイト 「リブレ オーデトワレ」

https://www.yslb.jp/product/libre/



カテゴリ