“青森出身”古坂大魔王、小学2年生から標準語特訓「津軽弁が出ない」

“青森出身”古坂大魔王、小学2年生から標準語特訓「津軽弁が出ない」

 タレントの古坂大魔王(47)が26日、都内で行われた映画『いとみち』公開記念舞台あいさつに登壇した。



【集合写真】横田真悠、駒井蓮、ジョナゴールドらも参加した舞台あいさつ



 全編、青森で撮影された本作。青森県出身の古坂も劇中で“津軽弁”を披露しているが「小学2年生でお笑いをやると決めていたので、家族と友だち以外とは標準語で話していたんです。標準語で笑わせられる芸人になろうと」と早くから標準語の特訓をしていたという。



 そして「お客さんを目の前にすると津軽弁が出ないんです(笑)。津軽弁で芝居をする方法もわからなかったので、リハーサルからどんどん話したらなじんできました。そうしたら芝居をしなくていいなと気づいて。普通にしゃべれば芝居っぽくなったので、今後の仕事は津軽弁でやります!」と宣言して、満席となった観客の心をつかんだ。



 この日は、駒井蓮(20)、豊川悦司(59)、中島歩(32)、横田真悠(21)、ジョナゴールド(20)、横浜聡子監督(43)も登壇した。



 本作の主人公は、津軽三味線が得意な弘前市の高校生・相馬いと(駒井)。強い津軽弁のなまりにコンプレックスを持ち、話すことが苦手で友人も少ないが、芯はいじっぱり。一大決心をして津軽メイド喫茶店でのアルバイトを始めたことをきっかけに、祖母、父、バイト仲間たちに励まされながら、成長していく姿が描かれる。
カテゴリ