【青天を衝け】第20回あらすじ 謀反人の捕縛を命じられた篤太夫、同行は“土方歳三”町田啓太

【青天を衝け】第20回あらすじ 謀反人の捕縛を命じられた篤太夫、同行は“土方歳三”町田啓太

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第20回「篤太夫、青天の霹靂」が、あす27日に放送される。



【場面写真】篤太夫に向けて刃を向ける土方歳三



 先週放送の第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」。売り方を変えることで一橋領の木綿の価値を高めることに成功した篤太夫(吉沢)は、さらに商売を盛んにするため紙幣の流通にも取り組む。勘定組頭に抜てきされた篤太夫は、財政を豊かにすることで一橋家を支えようと決意をする。そのころ幕府は2度目の長州征伐へ。しかし、ひそかに薩長同盟を結んだ長州を前に、幕府は大苦戦。そんな中、大坂城で指揮を執る家茂(磯村勇斗)が倒れる。



 今回は、ついに家茂が亡くなってしまう。慶喜(草なぎ剛)の次期将軍就任が避けられぬと目される中、篤太夫は「今将軍になっても、国中の非難を一身に背負うだけ」と慶喜に進言。一方、薩摩の大久保一蔵(石丸幹二)は公家の岩倉具視(山内圭哉)と共謀し、王政復古を画策していた。慶喜が徳川宗家を継いだことで幕臣となってしまった篤太夫は失意の日々を送っていたが、ある日、謀反人の捕縛を命じられる。警護のために同行するのは、新選組副長・土方歳三(町田啓太)だった。
カテゴリ