片思いの必勝法!実際に聞いた「恋が実る」3つのテクニック

片思いの必勝法!実際に聞いた「恋が実る」3つのテクニック

「意中の彼と結ばれたい」「彼には好きな人がいるけれど、私を選んでもらいたい……。」


そんな気持ちで片思いをしている方もいるでしょう。


今回は、皆さんに向けて、実際に片思いを成就させた女性からアドバイスをもらいました!


彼女たちは、どうやって彼を射止めたのでしょう。その恋愛テクニックに迫ります。




友達に協力してもらう


「男女6人グループの中で、好きな人ができた私。彼以外のグループ内の人全員に想いを暴露して、協力してもらうことに。


グループで出かけたときもさり気なく、みんなが二人きりのシチュエーションを作ってくれたり、私がいないところでアピールしてくれたり。


最終的に彼の方から告白されました。ちなみに、みんながグルになってくっつけようとしていることはバレていたみたい……」(26歳女性/SE)


友人からの協力は片思い成就において、大切な要素といえるでしょう。


もちろん、誰にでも構わず協力してもらうのではなく、彼との仲を深める障害にならない人物だけを味方につけるようにしましょう。


ときに、グループで行動していると同じ人を好きになる可能性もあるので、協力のお願いは慎重に……!


待つことも大事


「彼に片思いをして2年間。意を決して告白しましたが、彼の返事は『今は彼女とか、考えられない』でした。


仕事が忙しかったそうですが、それでも好きなのでもう2年も待ちました!途中、3ヶ月以上も会えないこともありましたが、待ち続けた末にOKが貰えたときはすごく嬉しかったです」(27歳女性/営業職)


男性が恋愛モードじゃないときは、告白してもうまくいかないでしょう。


「今すぐ付き合いたいのに……」と歯がゆい思いをするかもしれませんが、待ち続けると成就する場合もあるみたいです。


ただし、忍耐力が必要になるでしょう。


あなたの彼を思う気持ちが本物かどうかも試されるとき。


待ちながら「他の恋」にも目を向けてみると自分の気持ちに気付けるはずです。



積極的にアピールする


「私はとにかく想いを口にしましたね。彼のことを好きだと思ったのは、街のイルミネーションを見たときでした。『あ、A君と一緒にこの光景を見たい』と感じた次の瞬間には、電話して告白していました。


ことあるごとに『A君と付き合いたい』『A君が好き』と声にしていたら、『わかったから付き合おう』と折れてくれました(笑)」(29歳女性/事務職)


好きな人と結ばれたいなら、あなたから告白をする必要もあるはず。


恥ずかしいかもしれませんが、なにもしなければ片思いは成就しないのが現実でしょう。


やりすぎは禁物ですが、彼にストレートに想いを伝えるのは有効な手段と言えるはず。


時間をかけて片思いを成功させよう


どのケースを見ても、瞬殺で彼を射止めているわけではないみたい。


恋愛において、「相手を知る」「相手の気持ちを汲み取る」「自分の気持ちを伝える」ことは大切でしょう。


じっくり時間をかけて彼との仲を深めていき、ここぞといいうタイミングで勝負をしかけてみてくださいね。


(愛カツ編集部)


さらに簡単なものも!片思いの彼とうまく距離を縮めるテクニック



カテゴリ