映画『アジアの天使』韓国キャストが明かす、池松壮亮&オダギリジョーの素顔

映画『アジアの天使』韓国キャストが明かす、池松壮亮&オダギリジョーの素顔

 『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『生きちゃった』『茜色に焼かれる』などの作品を発表し続ける石井裕也監督が、オール韓国ロケを敢行した映画『アジアの天使』(7月2日公開)。本作で、池松壮亮、オダギリジョー、佐藤凌が演じる日本の家族が、韓国で出会う3兄妹を演じるキム・ミンジェ、チェ・ヒソ、キム・イェウンのコメントが到着した。



【動画】映画『アジアの天使』特別映像【兄弟編】【恋愛編】



 最愛の妻を失い喪失感を抱える小説家の青木剛(池松)は、8歳のひとり息子・学(佐藤)を連れ、韓国にいる兄・透(オダギリ)のもとへ身を寄せる。やがて3人は、ソウルから北東部にある海沿いの江陵(カンヌン)を目指すことに。そんな江陵行きの列車で、キム・ミンジェ、チェ・ヒソ、キム・イェウンが演じる3兄妹と出会い、それぞれの行き先を目指しながら旅を共にする。



 元アイドルで売れない歌手のソル役には『金子文子と朴烈』のチェ・ヒソ。生きるのは不器用でも裏表がなく人のいいソルの兄・ジョンウは、『ビューティー・インサイド』(16年)、『サイコキネシス 念力』(18年)、『新感線半島 ファイナル・ステージ』(21年)などのキム・ミンジェ。ソルの献身を素直に受け取れず反発する妹・ポムは、制作スタッフを経て短編映画や舞台で演技経験を積み、近年はNetflixオリジナルのゾンビ時代劇『キングダム』(19年)にも出演したキム・イェウン。



■ソルの兄・ジョンウ役/キム・ミンジェ



 自身の役柄について「ジョンウという役は、絶えず何かを探している人です。彼は家長としての責任もあり、消えていく共同体としての家族を、もう一度蘇らせたい。そんな内なる熱が盛り込まれた役という気がしました。演じながら、自分の幼い頃を思い出し、家族について考えるようになりました」と振り返る。



 出演の経緯については、「石井監督と初めて会った時に、脚本についての話はほとんどせず、お互いの歩んできた人生について率直に話をしました。石井監督は僕の希望するもの、叶えたいものに興味を持ってくれたみたいでした。その時、本当の友人になれたと思います。私の俳優としてのキャリアとか私が持っている背景ではなく、本当に私が生きてきたことを尊重してくれたように思います。それが、出演するための最大の理由になかったと思います。また、他人を介して自分を見ることができ、誰かのために献身する。こういう物語は、実は今の韓国映画では相当少なくなってしまったような気がします、だから私はこういうストーリーを求めていました」。



 日韓のキャストとの共演については「(日韓の)違いは少なからず感じる部分はありましたが、それが互いを尊重するきっかけに変わったと思います。撮影をともにするうちに段々と心の扉が開いていく感じがしました、壮亮さんとオダギリさんは本当に素晴らしい俳優で、本当に惚れてしまいました! お互いの目を見ながら演技をしていると、彼らの今までの人生の内面が垣間見られるような瞬間を多く持てました。私たちは撮影を通じて本当の家族になれたような気がします、この共演そのものに感謝しています」と、撮影期間中の交流を懐かしんでいた。



■チェ・ソル役/チェ・ヒソ



 ソル役のチェ・ヒソは幼少期に日本に住んでいたこともあり、日本語が堪能で撮影中、日韓のキャスト、スタッフのコミュニケ―ションの一助を担っていたといい、石井監督との会話もほぼだったそう。「通訳の方も入ってくださっていましたが、俳優の立場としてもう少し細かいニュアンスが伝えられるのではないかと思い、少しお手伝いをしました」。



 その石井監督については、「監督は、はっきりしたビジョンがある方です。この作品はコメディのようでもあり、時々突拍子もなく可愛い場面もあります。でも最終的に言いたいのは、家族と愛に関することです。監督はとても心が温かい方で、そのカリスマ性に圧倒されますが、実は、少年のような心を持っている方です」とかねてよりファンだったことも明かしている。



 また、自身のソルという役柄については「剛(池松)という日本人男性に会って、家族にも見せられなかった自分の最もやわらかい、最も弱い部分が出てしまう。この人を通じて、もう少し純粋に自分の心を表現できるようになる、とても大きな人生の曲がり角で予期せぬ出会いによって新たな自分の姿を探していく。そういう女性です」と続けた。



 池松、オダギリとの共演については「壮亮さんは、日本映画で、主演であれ助演であれ、いつも抜群の演技を見せてくれる、本当にエネルギッシュな俳優だと思っていました。そんな方が相手役で、一緒に演技できて、とてもうれしかったです。それから、オダギリジョー先輩(笑)、私は大学の時、授業をさぼって映画館に行きオダギリさんの主演映画を観たことがあるほど大ファンでした。共演できてうれしかったです! 壮亮さんもオダギリさんも印象的だったのは出番でないときにも遠くで離れて待機したりせず、その場に必ずいてくれました。本当に撮影が終わるまで、現場を離れない。そんな俳優さんたちを初めて見ました。彼らの演技に向けた態度と真心がものすごく感動的でした」。



 「国籍も違うし、明らかに出演してきた映画のジャンルとかキャラクターも違うはずなのに、この作品で、皆一緒に集まると、ちょっと不思議なくらい呼吸がよく合う。それがとても不思議でした」と話していた。



■ソルの妹・ポム役/キム・イェウン



 妹ポムを演じたキム・イェウンは自身の役柄について「見掛けは誰よりも無愛想で、水と油のように家族に溶け込めない。自分が一番賢くて、誰よりも世間を切り抜けていけると思っているが、一人で多くの苦悩を抱え、ずっと痛みと悲しみを背負っているような人物だと思います」と説明。



 撮影中のエピソードを聞かれると「韓国の家族の中では、ミンジェ兄さんとヒソ姉さんとの撮影ではいつも2人が気遣ってくれて本当の兄妹のように過ごしました。壮亮さんとオダギリさんはいつもユーモアと笑いがあり、気持ちを楽にしてもらいました。演技面でも日本人俳優のお二人からたくさん学びました。リハーサルでも100%の最善を尽くし、常に瞬間瞬間に取り組むことを教わりました。そんな二人の姿にとても感動しました」と、池松やオダギリから刺激を受けたよう。



 「撮影がないときも壮亮さん、オダギリさん、凌くんは家族のようにずっと日常生活を過ごしていましたね、池松壮亮さんもお父さんのように子どもに接し、オダギリジョーさんも伯父のように接していたように思います。数少ない私の演技経歴の中でも、一日一日が最高に楽しく、たくさんのことを学べた映画は初めてでした」と、撮影現場の様子を伝えている。



 イェウンは最後に、本作について「この映画は、言葉の通じない二つの家族が、集まることによって、お互いの足りないところを満たしていき、幸せを見つけ始める。おかしくて面白くて温かくて、初めて見るようだけど、どこかで見たような。恐らく、私たちが生きてみて感じたことすべてが詰まっている作品です。ぜひ多くの方に観ていただきたいです」と語っていた。
カテゴリ