なかやまきんに君、ホークス「鷹の祭典」で始球式 ハリーホークとアメ拾いゲーム

なかやまきんに君、ホークス「鷹の祭典」で始球式 ハリーホークとアメ拾いゲーム

 筋肉芸人のなかやまきんに君が28日、京セラドーム大阪で行われた福岡ソフトバンクホークス対西武ライオンズ戦の始球式に登場。筋肉三三七拍子&アメ拾いゲームで盛り上げた。



【動画】なかやまきんに君、笑顔で始球式を振り返るなかやまきんに君



 背番号29のユニフォーム姿で、試合開始前にグラウンドに登場したきんに君は、両チームの健闘を祈って、大胸筋につけた鈴を鳴らして「筋肉三三七拍子」を行った。その後、Bon Joviの「It's My Life」に合わせてポーズを決めた後に投げたアメを拾うおなじみのゲームにハリーホークが挑戦。拾えたアメの数で調子を占い、見事にキャッチしたハリーに球場からは大きな拍手が起きていた。



 その後、マウンドに上がったきんに君は豪快なフォームでノーバウンド投球。2度目となった始球式の大役を終えていた。投げ終えたきんに君は「本日は高めに浮いてしまった。70点ぐらいかもしれない。ワンバウンドしたり、大きくは外れなかったんですけど。できたら真ん中に決めたかったんですけど」と謙そん気味に振り返る。



 毎年デザインされる限定ユニフォームをホークス選手が着用して試合に臨み、さらに入場者全員へ同じデザインのレプリカユニフォームを配布するホークスの一大イベント『鷹の祭典』。今年はホークスの勝負カラーの1つである「カチドキレッド」をベースにデザインされた「鷹く!レッド」に。また、ネイビーブルーには、医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーへの感謝の気持ちが込められている。きんに君は「筋トレして、血液がパンプアップした充血した筋肉。仕上がったぞという血液の熱さを感じますね」と語っていた。



 最後は「ホークス選手の皆さん、きょうもベストを尽くして最高の試合で勝ってください。パワー!」とエールを送っていた。
カテゴリ