【雨の日どう過ごす?】雨の日こそ、心と体のメンテナンスDay!早くお風呂に入りたくなる“バスアイテム”6選


あともう少し続く、梅雨シーズン。今年は地域によっては梅雨入りがまちまちでしたよね。



雨が続くと、どうしても気分がどんよりしてしまいがち…。そんな梅雨の時期をおしゃれに、かわいく、しあわせに乗り切れるよう、isutaでは“梅雨にまつわるコンテンツ”連載をお届けしています。



第11回目となる今回は、“おうちのお風呂で、贅沢にご自愛するバスアイテム”をご紹介!



【入浴剤】2層の見た目がかわいいんです



まず一つ目にご紹介するのが、AYURA(アユーラ)の「メディテーションバスt(300mL 税込2200円)」。





「メディテーションバスt」は、AYURA誕生以来25年以上続くロングセラー入浴料で、なんと2020下半期ベストコスメを多数受賞するほど愛されているんです。



2020年10月には、安らぎを与えてくれる植物成分が新たに配合され、リニューアルされました。



安らかなアロマティックハーブの香りや、湯船に混ぜると乳白色に変化するお湯に、五感で癒されてしまいそう…。  



オススメの入浴方法は、38~40°Cのややぬるめのお湯に、入浴料1目盛り分(25mL)を混ぜ、鼻から深く息を吸って口からゆっくり息を吐く方法です。身体全身の力を抜いてだらんとお湯にゆだねることで、よりリラックス効果が高まるそうですよ。








また、美容液のようなうるおいで、しっとりと保湿をしてくれる「ナイトリートバス(300mL 税込2750円)」もおすすめです。





【ボディブラシ】これで私も背中美人!?



続いてご紹介するのは、Francfranc(フランフラン)のボディブラシ「ビューティーティップⅡ ロングハンドルボディブラシ ホワイト(税込1800円)」です。





こちらは、70ミクロンの超極細毛が約54万本密集した、極上のふわっふわなボディブラシ。



柄が長いため、届きにくい背中周りまでしっかり洗えて、毛穴汚れや古い角質などをオフしてくれるといいます。



吊り下げられる紐が付いているので、使用後は引っかけて乾燥・保管もできますよ。





使い方は簡単で、ブラシの毛先を濡らしたあと、手のひらにボディソープを適量とって円を描くように泡立たせます。あとは、肌にあてて優しくこするだけ。



使用後はしっかりと泡を洗い流し、水気を切って通気性の良いところで保管をすればOKです。



きめ細かい泡が心地よくて、やみつきになっちゃうかも…。背中ニキビなどが気になっている人には、おすすめのアイテムですよ。





【スカルプブラシ】美容院でのシャンプー後のような爽快感



3つ目にご紹介するのは、uka(ウカ)の「スカルプブラシ ケンザン(税込2200円~)」。








「スカルプブラシ ケンザン」は、手のひらサイズのシリコン製頭皮ブラシです。



こちらは、“美容院でシャンプーをしてもらった後のような爽快感がする”と話題なんですよ。



硬さは、『ソフト(ピンク)』/『ミディアム(キョウトグリーン、ヨコハマピンク、シブヤイエロー、サッポロアイスブルー)』/『ハード(クロ)』/『バリカタ(ミドリ)』の4つから選べます。








ソフトは、やわらかめでシャンプー中にぴったり。ミディアムは、硬すぎない適度な硬さだといいます。ハードは、しっかり洗いたい人やマッサージツールとしても◎



バリカタは、とにかく硬くて、カチカチに凝り固まった頭皮や、首肩の凝りほぐしにも最適なのだそうです。



シャンプー時に、泡いっぱいの頭皮をケンザンでやさしく押しながら洗ったり、頭皮用の美容液を塗布して、下から上へ引き上げながらブラシをジグザグに動かすのも最高に気持ちいいのだとか。



その日の気分やコンディションに合わせて、硬さ違いのケンザンを集めてみてもいいかもですね。





【ボディスクラブ】見た目はまるでジャム…!



4つ目にご紹介するのは、ザボディショップの「ボディスクラブ フレッシュラズベリー(250mL 税込2750円)」です。





「ボディスクラブ フレッシュラズベリー」は、ジャムのようにぷるっぷるなボディスクラブ。



ラズベリーには、ポリフェノールやサポニンがたっぷりと含まれていて、紫外線や汗によってダメージを受けた肌に透明感と輝きをチャージしてくれるといいます。



ラズベリーの種とクルミの粒のスクラブが、古い角質をオフしてお肌をつるっつるに整えてくれるそう。踵・肘・膝などのザラつきや、気になる毛穴汚れに良さそうですよ。



ラズベリーの甘酸っぱいジューシーな香りに癒されながら、週1~2回のディープクレンジングとしていかがですか?





【スクラブ洗顔】洗顔も角質ケアも欲張りに



5つ目にご紹介するのは、SABON(サボン)のフェイス用スクラブ洗顔、「フェイスポリッシャー(税込4950円)」。








サボンといえば、ボディスクラブをイメージする人も多いのではないでしょうか。実は「フェイスポリッシャー」も@cosmeベストコスメアワードにて、“2020下半期洗顔料1位”などを受賞するほどの超実力派なんです。



洗顔と角質ケアを同時に叶えてくれる「フェイスポリッシャー」は、中にスクラブ粒子が入っているため、肌のざらつきや毛穴ケアにもピッタリなんですよ。



テクスチャーは、ムースのような柔らかいクリーム状となっていて、泡立てずにそのまま優しくマッサージをするように使用するのがポイント。








洗顔後の化粧水の浸透が良くなり、その後の化粧ノリに感動する人も続出なのだとか。そのため、朝の洗顔用として利用する人も多いみたいです。



口コミでは「お肌がなめらかモチモチになって、ワントーン明るくなった」といった声も…!



香りは、爽やかなミントの香りの『リフレッシング(ミント)』と、リラックス効果のある『リラクシング(ラベンダー)』の2種類が出ていますので、気分やシーンに合わせて選んでみてくださいね。





【洗顔料】もっちり泡が◎ 半練り状の2層保湿石けん



最後にご紹介するのは、OSAJI(オサジ)の洗顔料「ローソープ Suzumi(100g 税込1760円)」。





「ローソープ Suzumi」は、爽やかなミントとティーツリーの精油をブレンドした、夏限定の、半練り状の“2層式保湿石けん”です。



通常、固形石けんを作る際に捨てられてしまうグリセリンを、あえて残すことで“半熟”状態になっているんだとか。そのため、石けん本来のさっぱり感と、グリセリンの保湿力でしっとり感が期待できるそうです。



ミントの清涼感とモコモコな濃密泡が、洗顔のモチベーションになってくれる予感。





また、この2層に分かれた半熟石けんや、木製のヘラが紐で結ばれているパッケージなどは、すべて長野県の石けん職人集団「ねば塾」での手作業だといいます。



そんなこだわりがたくさん詰まった「ローソープ Suzumi」に、この夏は魅了されてしまうかも。





おうちでのバスタイムを盛り上げちゃおう



いかがでしたか?雨で外に出るのが憂鬱な日は、思いきりおうちでバスタイムを満喫してみるのもアリですよ。



心はリラックスされて、身体もケアができて…。まさに一石二鳥なんです。



いつもはシャワーだけという人も、たまにはゆっくり半身浴などをして、日々の疲れをとってみてくださいね。



カテゴリ