連絡は遅いしデートも約束しづらい…。忙しい彼氏との付き合い方って?

連絡は遅いしデートも約束しづらい…。忙しい彼氏との付き合い方って?

恋愛の優先順位が低めの「忙しい男性」に悩まされている女性は、思ったより多いかもしれません。


連絡は遅いしデートの約束も取りつけづらいとなると不満も溜まりそう。


ですが仕事に一所懸命な彼のことを好きになったのですから、なるべく支えてあげて、ラブラブでいたいですよね。


今回は「忙しい彼氏との付き合い方」を紹介します。



明るく接する


彼が忙しいからとふて腐れずに、明るく接することを心がけてみてください。


「時間ができたら〇〇に行きたいな」と、自分の気持ちをストレートに送るようにしていたら「明日、時間できた!行こう!」なんて誘いが入ることがあるんだとか。


せっかく会えたのに会えないことを責めたりつら思いをぶちまけるのも、「忙しいのはどうにもできないから、そんなにつらいなら別れる?」と言わせてしまう原因に。


女性には考えにくいことですが、忙しい時期の男性は察する能力や気遣いスキルが普段より大幅にダウンする傾向があります。


彼から見ても分かりやすいくらい、明るく接するのが大事です。


返信がないときは追撃する


一般的には「返事がないのにガンガン追撃してはダメ」と言われるLINEですが、忙しい男性が相手なら話は別。


彼らは、自分は忙しいからと連絡しないくせに、彼女が連絡を控えると「こんなに連絡がないなんて、なんかあったのかな」なんて言い出すことも。


実際に「スルーしちゃうことはあるけど、連絡がたくさんきてれば、時間が空いたとき真っ先に連絡する」という声も多いです。


彼からの返信がないLINEは、数日後に追撃してみるのはむしろありでしょう。


【実際のエピソード】忙しい彼氏がキュンとした!「LINEの返信」


彼の予定をいちいち確認しない


彼の予定をいちいち確認しない


忙しい彼に気を遣って「今週末は会えそう?ムリかな?」なんて、彼に対して都合をたずねる聞き方をしていませんか?


一見、優しい気配りに見えるのですが、彼としては、かまってあげられてない彼女から優しい聞き方をされることがかえって心の負担になることもあります。


低姿勢で聞かれることで、彼女がデートのアポ取りをしてくることが憂鬱に感じられる場合も……。


女性サイドとしても、彼の予定に振り回されて不安になったりイライラしたりするのは嫌ですよね。


「時間空いたら教えて。私も予定入れちゃうかもしれないけど」くらいのライトな対応の方が、お互いハッピーに過ごせるようです。


自分のスケジュールは自分で決める


忙しい男性の言う「忙しい」は、シンプルに言葉通りの意味であることがほとんど。


決して、気が進まないから忙しいと言ってごまかしているわけではないんです。


「忙しいなんて、私に関心ないんだ……」なんて、勝手に被害者意識を持つのはやめましょう。


自分のスケジュールは自分で決めていいんです。


「それでは彼と都合が合わなくなるのでは?」と思うかもしれません。


ですが彼女は楽しく過ごしているし、自分が合わせないとスケジュールが合わないようだ……と思った彼が予定を合わせくれることも増えるはずです。


彼を待つことに必死にならないで


連絡は遅いし、デートの約束もしにくい。こちらの気遣いにも「あんまり気を遣われてもなあ」なんて言うし……。


このように、忙しい男性は恋の相手として考えるとじつは結構ワガママ。だからと言って、女性が必要以上に顔色をうかがう必要はありません。


癒やされる相手だと認識してもらえたら、彼が勝手に寄ってきます。


彼を待つことに必死にならず、楽しく過ごして明るく接するのが一番です。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ