女性からの告白は…意外と効果あり!恋に効くメリット3つ

女性からの告白は…意外と効果あり!恋に効くメリット3つ

「女性からの告白は避けた方がいい」という記事もありますが、待っていても好きな人と付き合えるとは限りません。


実際のところ、女性から告白するのは良くないことばかりではありません。


今回は、片思い中の女性から告白するメリットを3つご紹介します。




相手に意識してもらえる


最大のメリットは、相手に自分の好意が伝わり、意識してもらえることです。


「好きだ」と言われて、相手を意識してしまうのは、女性も男性も同じこと。


このとき、相手に決断を迫るのはやめましょう。


「とにかく白黒つけたい!」という気持ちで告白すると、相手を追いつめるし失敗の確率が高くなります。


「好意を伝え、決断を迫らない」態度なら、失敗するリスクも抑えられるのです。


また、「自分のことを好きだと思ったら、なんだかかわいく見えてきた」なんて思う男性もいます。


意識してもらうための最初のステップとして、告白は有効なアプローチです。


ラッキーなら、そのまま付き合える可能性もあるでしょう。


いまの状態がはっきりする


片思い期間が長くて、恋が全然進まない。


そんな不安を抱えている人も多いでしょう。


こんな状態を打開するためにも、告白は効果的な手段です。


告白することで、彼の状況や、好意を伝えたらどうなるかなど、現状がはっきりクリアになります。


また、彼のアクションが積極的ではない理由も分かるかもしれません。


告白して、すぐに付き合えなかったとしても諦める必要はありません。


そこから、また新たな作戦を練りましょう。


ぼーっとしている間に横から出てきた女に彼を取られることがいちばん怖い。


それを防ぐ意味でも、女子の告白は効果的なアクションなんです。



脈なしから脈ありへ♡


告白したあとの返事待ちの期間は、ドキドキするもの。


返事がなかったら脈なしだと思ってしまう人もいるでしょう。


しかし諦めるのは、まだ早いです。


告白された時点では、彼女がいたり、相手をとくに意識していなかったりした彼も、「そうか、俺のこと好きなのか」と思えば見る目が変わります。


また、その場で決断できなかったり、仕事で忙しく恋どころではなかったり、すぐに「俺も好きです!」とならないことは、不思議ではありません。


その後「ゆっくり考えてみたら、結構いい子かも?」と、彼の気持ちが前向きになる可能性は十分にあるでしょう。


たとえ好意を持たれていなくても、告白するタイミングで嫌われてなければOK!


告白のときに伝えるべきことは、「好意」と「恋愛できる状態になったら自分を思い出してほしい」という気持ちです。


女性からの告白がきっかけで、まったく進まなかった恋愛が少しずつ動き出すこともあるものです。


焦らせないことが大事!


告白が失敗する原因は、「即決させようとした」「付き合ってもらうために体を武器にしようとした」などの焦った言動です。


彼に負担をかけないようにすることで、上手くいくこともあります。


追われる恋がしたいなら、まずは付き合う形を作り、それから追わせればいいんです。


手詰まりになりかけの恋に悩んだら、自分から告白してみては?


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


【実際のエピソード】いまでも記憶に残る…女性からの告白



カテゴリ