好きな人には言わないで!恋の邪魔になる「NGフレーズ」5選

好きな人には言わないで!恋の邪魔になる「NGフレーズ」5選

もし、あなたの無意識なところで気になる彼から反感を買っていたとしたら、実る恋も実らないかも……。


さりげなく発しているセリフのなかに言わない方がいいことが潜んでいる可能性があります。


今回は好きな人には言わない方がいい、恋の邪魔になる「NGフレーズ」を5つご紹介します。




遠回しなアピール


女性がおねだりのつもりで発する、代表的なNGフレーズがこちら……「指輪のプレゼント、いいなあ」。


言われた彼は「気がつかなくてごめん」なんては思わず、「だからなんなの?」と思ってしまうようです。


遠回しなアピールは通じないものとみなして、「これ欲しいんだ〜!」と素直に、かつかわいくアピールするのが良いでしょう。


可愛らしいおねだりなんて苦手……と思うかもしれませんが、甘える事に手を抜くと、甘え上手な女が彼をさらっていきかねません!


「甘える事はサービス」と割り切ってでも、素直に気持ちを伝えてみるのが良いでしょう。


彼の友達を否定する


男性の友情は女性が思うより堅くて強いもののようです。


彼の友達を否定するような口ぶりは、彼自身が否定されたように聞こえることも。


男性は、彼女を友達にあまり紹介しないことが多い傾向にありますが、理由としてはいくつか考えられます。


たとえば彼女を紹介して、同席する友達に気をつかわせたくないだとか、友達の手前デートのときと同じテンションで彼女に接するのはムリだから……など。


それだけに、彼の友達に紹介されたなら、彼にとってあなたの本命度はかなり高いと言えそうです。


彼の友達に対して「ちょっとこの人苦手だな」なんて思うこともあるかもしれません。


しかし、彼も友達とあなたの2人がいる場で橋渡し役として頑張っているはず。


彼の頑張りに免じて、その友達の悪口は控えた方が良さそうです。


彼の状況に対する「大丈夫?」


「体調」ではなく「彼の状況」に対する「大丈夫?」はNGフレーズでしょう。


デートで「(高そうなお店だけど)大丈夫?」ドライブで「(合流で車来てるけど見えてるのかなあ)大丈夫?」など。


気遣いのつもりでも、こんなニュアンスの「大丈夫?」を「あなたにそれができるの?大丈夫?」と聞こえてしまい、カチンと来る男性も多いんだとか。


彼の、「オシャレな店に連れて行ってあげた気持ち」や「運転への自信」や「楽しく過ごすためのおしゃべり」など、彼があなたのためを思ってした気遣いが無駄になったように感じでしまうようです。


「大丈夫?」の代わりに、ちょっと申し訳なさそうに「ありがとう」と伝えてみるくらいが謙虚で可愛い印象を与えてくれるかと思いますよ。



趣味にかける金額に驚く


楽器やPC、自転車のパーツなど趣味にお金を多くかける男性もいます。


ですが、その値段を聞いて「高っ」と軽はずみに言ってしまう……これがひとつのNGフレーズでしょう。


ただの感想のつもりでも「結婚してるわけでもないのに関係ないよね?」と彼が内心反発してしまうなんてこともあるようです。


男性特有のこだわり、コレクター欲は女性には理解しづらい部分もあるかと思います。


しかし、「なにその値段!」と内心驚いてもそれは口には出さずに「好きなんだなあ」と思う程度にしておいてあげるのがベターでしょう。


LINEをくれないのを責める


男性のなかには、LINEをコミュニケーションツールではなく連絡ツールとしてとらえている人も多くいます。


そんな男性は、「どうしてLINE返してくれないの?」と女性に責めるように言われてしまうと、「めんどくさいな」と思ってしまうようです。


責められてる=このままじゃ争いモードになる……そう考えると、瞬時に彼は「聞きたくないモード」に入ってしまうかもしれません。


LINEを義務のように「返してよ!」と言うよりも、返事をしたくなるような可愛い・面白い文章を考えて送る方が何倍も効果的だと思いますよ。


また、「短くてもいいから返信してくれると嬉しいな」と、素直に言うほうが彼にはこれまた何倍も可愛く映るはず。


ぜひ、やってみてくださいね。


無意識なNGワードに気をつけて


なんとなく言ってしまいがちなフレーズのなかにこそ、NGワードが潜んでいるかもしれません。


面白いように男を不機嫌にさせてしまう上記のセリフ。


なかなか別れてくれない男に使うのも一興ですが、逆に恨みを買わないように気をつけて下さいね。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


【実際のエピソード】正直不快だった…女性の発言



カテゴリ