『トレスギJO1』第2弾決定、チャレンジの難易度アップで「命をかけて頑張る」【全員コメントあり】

『トレスギJO1』第2弾決定、チャレンジの難易度アップで「命をかけて頑張る」【全員コメントあり】

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1の初の地上波冠番組『トレスギJO1』の第2弾が7月16日深夜0時55分から放送されることが決まった。



【写真】センターを務める川西拓実ら、解禁された4thシングルアーティスト写真



 第2弾となる今回も、JO1が世界に通用する“インパクトパフォーマンス”、すなわち多くの人の記憶に残るような強烈なパフォーマンスの習得を目指してそれぞれ極秘レッスンや猛特訓を重ね、スタジオに集まったJO1メンバーや芸能人審査員の前で1人ずつお披露目。気合い十分な11人のパフォーマンスが“撮れすぎてしまい、放送時間が足りない”という事態は避けられそうになく、全員分のパフォーマンスすべてをオンエアすることが不可能に。地上波での放送枠を賭けた壮絶な戦いが繰り広げられる。



 さらに、オンエア枠を逃したメンバーのうち、“敗者復活戦”で勝ち残ったメンバーのパフォーマンスをTVer、FODで放送後から配信するほか、CSチャンネル・フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartで8月9日、午後10時30分より放送・配信する『トレスギJO1完全版 第2弾』で11人全員分のパフォーマンスを公開する。



 前回の放送では、與那城奨がノースリーブ姿で筋肉美を披露しながらポールダンスに挑んだ「セクシーポールダンス」や、金城碧海がキーボードの音を聴いて音名を予想した「絶対音感パーフェクトチャレンジ」、河川敷で集めてきた岩を川尻蓮が黙々と積み上げていった「ロックバランシング」など、バラエティに富んだパフォーマンスに注目が集まった。一夜限りの関東ローカル放送だったが、SNS上では続編を希望する視聴者の声が数多く寄せられ、その期待に応えるべく第2弾の制作されることとなった。



 今回は、JO1がそれぞれ挑む“インパクトパフォーマンス”の成功難易度が大幅にアップ。どんなパフォーマンスに挑戦するのかお互いにまったく知らないメンバーは、収録本番まで探り合いながらも自分の技を磨きあげていく。地上波のオンエア枠を勝ち取るのははたして誰なのか。



■JO1コメント

【川西拓実】前回のチャレンジは少し甘かったので、今回はもっと難しいことに挑戦します! 命をかけて頑張ります。



【川尻蓮】前回に引き続き、僕たちの番組をさせていただけて光栄に思っています。いろいろなかたちで世界に通用するパフォーマンスを身につけながら、見てくださっている人を笑顔にできるように、JO1・スタッフ一同協力してステキな番組にしていきたいと思います。本番ばしっと決めます!



【鶴房汐恩】やはり僕は、前回と同じように歌で勝利を掴(つか)みたいと思います。3+3=8になるぐらい、皆さんの腰が抜けるほどびびらせます。



【金城碧海】前回は“惜しくも”成功ならず終わってしまい、審査員の皆さんをがっかりさせてしまったので、今回は絶対に成功させます。皆さんを“あっと”驚かせてみせます。



【豆原一成】前回は、“けん玉”という自分が得意なもので挑みましたが、今回はやったことがないチャレンジなので全力で頑張りたいと思います。前回は成功したので、今回もばっちり成功させたいと思います。自信はあります。



【白岩瑠姫】前回は、地上波で放送されなくてファンの方々を悲しませてしまったので、今回は皆さんのために頑張りたいと思います。とても体を張って挑戦したので、絶対に成功させたいです。



【河野純喜】『トレスギJO1』の第2弾の放送が決まってとてもうれしいです。前回、審査員の方から“スカしが多い”というご指摘もいただいたので、今回はJO1全体でかっこいいステージを見せたいと思います。普段僕たちが挑戦しないことにたくさんチャレンジしますので、皆さんお楽しみに! ありがとうございます。



【與那城奨】前回同様、全力で頑張りたいと思います。今回のパフォーマンスは前回よりも難易度が上がったので、さらにクオリティを上げていきたいです。



【木全翔也】おもしろい番組になるように頑張ります。前回の無念を晴らします。



【大平祥生】前回は成功したので、今回も成功させていきたいと思います。おもしろい番組になれるように頑張れたらと思っています。



【佐藤景瑚】第1弾では、やっぱり失敗した人が多かったので、今回の第2弾は全員で成功させていいものを見せたいです。世界中の皆をトリコにできるよう頑張りたいです。
カテゴリ