恋は突然に!男性が女友達を「異性」と感じるきっかけって?

恋は突然に!男性が女友達を「異性」と感じるきっかけって?

なかなか彼氏ができない女性のなかには、「いい出会いがない」と考えている人もいるでしょう。


しかし、これまでただの男友達だった男性が、あなたのことを異性として見ている可能性もあります。


新しい出会いばかりに期待するのではなく、自分の周囲にいる人も考えてみることがおすすめです。


今回は、男性が女友達を「異性」と感じるきっかけを紹介します。



SNSを経由してお誘いがきたとき


SNSを積極的に使って、男友達にアピールすることも効果的です。


たとえば、Instagramのストーリーズ。


気になる男友達のストーリーズをこまめにチェックし、ふたりで遊ぶ機会を作るのです。


男友達がご飯屋さんの投稿をしたときには、思い切って「私もここ行ってみたい!今度いっしょに連れて行って」とコメントしてみましょう。


ストーリーズのコメントは投稿した本人にしか見られないので、他の友達にバレることもありません。


デートの約束を自然に取り付けるのにもってこいですよ。


冗談でも「好き」と言ってくれたとき


男友達に向かって、「好き」という言葉を冗談っぽく言ってみると、相手はドキッとするでしょう。


彼がなにかしてくれたときに、「○○くん好き~!」と伝えることがおすすめです。


言うときのポイントは、言い方を冗談っぽくしたうえで、ちょっぴりオーバーにすること。


「冗談で言っている」と伝わる一方で、男性は「好き」という言葉を意識せずにはいられなくなりますよ。


「恋愛対象だよ」と言われたとき


「恋愛対象だよ」と言われたとき


男友達も、あなたのことを「異性として見ないようにしている」可能性があります。


そんな彼には、思い切って「恋愛対象として見ている」ことを伝えてみましょう。


好みのタイプの話をして、「私は○○くんが彼氏だったらいいと思うけどなぁ」と言うだけで、男友達はあなたを意識するはずですよ。


物理的な距離が近かったとき


大人数の飲み会も、男友達に異性として見られるチャンスです。


可能な範囲でふたりだけの空間を作ってしまいましょう。


まず、飲み会が始まってからすぐの段階で、気になる男友達の隣をキープ。


「隣いいかな?○○くんと喋りたかったんだよね」と隣に座られると、男友達はきっと喜ぶはずです。


ふたりだけの時間を作ることができれば、相手はあなたを異性として意識するでしょう。


ますはアプローチしてみよう


恋愛は、身近な友達から始まることもたくさんあります。


気になる男友達がいるのであれば、積極的にアプローチしていくのがおすすめですよ。


(野瀬研人/ライター)


(愛カツ編集部)


【実際のエピソード】女友達を異性として見たきっかけって?



カテゴリ