お疲れの彼に!喜ばれるさりげない「気配りテクニック」とは

お疲れの彼に!喜ばれるさりげない「気配りテクニック」とは

彼が疲れているなと感じたとき、あなたはどうしますか?


声をかけたり、そっとしておいたり、好きなものをプレゼントしてみたり……。


いかに「やってあげている感」を出さずに彼に寄り添えるかがポイントのよう。


今回は、彼に喜ばれるさりげない「気配りテクニック」について解説していきます。




自分以外のことを優先してもらう


彼が仕事で忙しく、休日も考えることがたくさんあるのに、あなたとの約束があったとしたら……どうしますか?


そんなときは、約束や二人のルールなどはいったん忘れ、目の前のことに集中してもらうのがおすすめです。


「私との約束は落ち着いてからにしよう。楽しみに待っておくね」と、いったんこちらから早めに引いてみましょう。


あれこれ手を出して、収拾がつかなくなってしまうのは恋愛でも同じですね。


彼に合わせて、何度も連絡して状況をかき回すよりも、いったん冷静になるのがいいかも。


やらなければいけないことが落ち着いたら、連絡がくるはずですよ。


そっとしておく


男性は、あれもこれもと抱えきれなくなったとき、まず放っておいてほしいもののようです。


彼のためにとガムシャラになるのは、かえって重荷になってしまう可能性があります。


間違っても、自分の話を聞いてくれないから、と頻繁に連絡するのはやめておきましょう。


彼からの「放っておいてごめんなー」に、「謝らなくて大丈夫!余裕あるときに連絡してくれればいいからね」と言えるくらいがいいですね。


もし、忙しい合間をぬって会ってくれたときは、思いっきり甘えて、本当は我慢してることを一度だけ口にすると、彼の心に響きやすいはず。


そのほうが、彼も会えるまで頑張ろうと思うかもしれないし、つぎに会うときに、あなたへの愛情も増すでしょう。


でも、見通しのつかない先のスケジュールを埋めるのは、気をつけたほうがよさそう。


忙しいときほど、彼のペースに合わせるのがいいですよ。



自分の趣味の時間を大事にする


彼が、「彼女のことも大切だけど、仕事や趣味など他のこともしたい」とジレンマを抱えている場合、「彼女には自分だけしかいないとのに……」と感じてしまうことも。


彼にとって優先順位は常に変わる、と臨機応変な気持ちで付き合うのがいいでしょう。


自分はなにもすることがないからと、彼の行動を頻繁にチェックしてしまうのは気をつけてくださいね。


彼が忙しいなら、自分も他のことに挑戦してみるのもアリですよ。


彼の気持ちに寄り添って


「そんなに忙しくて会えないのなら、いっそ一緒に住んだほうがいいのでは?」と思うのは、相手の気持ちを無視している場合もあります。


「会いたい」欲求を満たしたいがために、彼もそう思ってるはずだと強要するのは悪い印象を与えかねません。


逆に、自分のことを大切に思ってくれていなのかな、なんて思わせてしまうかも……。


彼にも彼のペースがありますよね。


相手に合わせて「会いたい」と思わせ続ければ、きっとうまくいきますよ。


(只野/ライター)


(愛カツ編集部)


【実際のエピソード】自慢したい!男性が嬉しかった「彼女の気配り」



カテゴリ