男性が「面倒くさい」と感じる女性の不幸話って?

男性が「面倒くさい」と感じる女性の不幸話って?

男女問わず、不幸話がプチ自慢のようになる人っていますよね。


最初は「大変だったね」と同情してくれていた男性も、だんだん「もうわかったから……」とイライラしてしまうかも。


そこで今回は、男性が「面倒くさい」と感じる女性の不幸話をご紹介します。




実家が貧乏アピール


「やけに『実家がすごく貧乏で~』『制服も買えなくて大変で~』と話してくる子がいました。そんな昔の話ばかりされても反応に困るし、ちょっと話盛ってない?って疑っちゃいます」(33歳/販売)


「実家が貧乏」話も最初のうちは聞けていても、同じことを何度も言われているうちに「不幸自慢されているのかな?」と思ってしまうみたい。


今は幸せに生活ができているのであれば、問題ないでしょう。


この手の話は周囲も気を使ってしまうので、サラッと終わらせるようにしましょう。


元カレがダメ男


「元カレがちゃんとした仕事をしていなかったとか、既婚者だったとか。『私ってなんでいつもこうなんだろう……』って言われたことがあるけれど、じつはそんな自分が好きなんだろうなって思った」(31歳/教育)


すべてを元カレのせいにして、悲劇のヒロインぶっている女性。


たしかに辛い思いもたくさんしたのでしょうが、「じゃあなんですぐに別れなかったの?」とツッコみたくなってしまいますよね。


そもそもダメ男に引っかかったこと自体が、恥ずかしいと捉えることができます。


同情を買いたくてダメ男話をしているのであれば、今すぐやめるべきでしょう。



「身体が弱くて…」とご飯をモリモリ


「ご飯をモリモリ食べながら『私身体が弱くて』と言われても、どう返せばいいのかわからない」(24歳/営業)


「風邪を引きやすい」とか「じつは目には見えない持病がある」とか、そういうことなのだと思うのですが、イマイチ理解してくれないケースも。


こちらは勝手に不幸自慢と思われてもよくないので、きちんと説明するべきでしょう。


女友達に騙された


「『女友達に彼氏を取られた』とかかな。言いたいことはわかるんだけど、それってただの悪口じゃん。そんなことばかり言ってるから裏切られるんだよと思っちゃう」(27歳/接客)


こちらは辛口な意見ですが、自分の友達を悪く言う男性は少ないもの。


そのため女性が少しでも女友達を落とすような発言をすると、「この子性格悪そうだな」と思ってしまうようです。


女性同士の問題は同性に話したほうが、共感が得られるかもしれないですね。


人の不幸自慢は聞きたくない


不幸自慢をする女性とは、一緒にいて楽しくないし疲れると考える場合がほとんどです。


不幸をタネに自己アピールをしすぎていないか、改めて考え直したいものですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)


【ほかにも】そんなこと話されても…男性が苦手な話題って?



カテゴリ