脈ありバレバレ♡男性の本音は「二言目」に隠されている!

脈ありバレバレ♡男性の本音は「二言目」に隠されている!

好きな人から素直にやさしくされたら、脈ありを期待してしまうもの。


でも、好きだという気持ちをごまかすために「余計な二言目」をプラスしてしまう男性も……。


そこで今回は、数ある脈ありサインのなかでも、男性の本音が隠されている「二言目」に注目してみました。



「嫌だったら別にいいよ」


まずとくに多いのが、「○○一緒にどう?でも、嫌だったら別にいいけど……」というセリフです。


相手を誘いつつも、わざわざ二言目でそっけないセリフを付け足すのは、断られたときのショックを和らげるため。


断られたくない、誘いに応じて欲しいという気持ちを強く隠したがるのは、脈ありの可能性が高いと言えます。


照れ隠しでそっけないふりをしている可能性もありますが、どちらにしても、あなたを誘うことが目的であることに変わりはありません。


すごく嬉しそうに「いいよ!」とOKしてあげるなら、彼の心も幸せいっぱいになるはずです。


「俺はどっちでもいいけど」


「どっちでもいい」というセリフは、一見関心がないように聞こえるかもしれませんが、選択があるうえでの返事なら、脈ありサインかもしれません。


たとえば、「和食と洋食、でどっちのお店がいい?」という質問に対して、「俺はどっちでもいいけど」と答えてきたとき。


あまりこだわりがないフリをしていても、本心では相手の女性が自分の好きなほうを選びやすいのでは?と考えているわけです。


彼が二言目に「どっちでもいい」と言ってきたら、素直に自分の希望を伝えて、OKをもらえたときは笑顔で喜んであげてくださいね。


「○○じゃなくてよかった?」


「○○じゃなくてよかった?」


グループで遊びに行くときや、チームでひとつの仕事をするときに「○○じゃなくてよかった?」と尋ねられることがあれば、それが脈ありサインかもしれません。


あるいは、食事に誘われて一緒に向かっている途中で「○○でよかった?」と確認されることがあれば、それも脈ありを期待できます。


好きな人の意見や希望は、できる限り大切にしてあげたいと思うもの。


男性の意見に肯定するときは「○○好きだから楽しみ!」と答え、否定したいときは、明るい声のトーンで「今度は○○もいいかな!」と次回へのデートをリクエストしてみてください。


「俺もそっちのほうが好き」


あなたが「○○のほうが好き」「こっちのほうがいいかも!」などと言ったとき、相手の男性が、「俺もそっちのほうが好き(いい)」と同調してくるなら、脈ありと見ていいかもしれません。


好きな人と好みが同じであることは嬉しいことなので、ぜひそれを知って満足したいのでしょう。


ただ、なかには同じ意見であれば喜ばせることができる、という安易な考えをもっている男性も。


自分の意見を持っていなかったり、相手によって意見をコロコロ変えたりするタイプの男性には注意しておきましょう。


気遣ってくれているかに注目!


言い方がどうであれ、あなたの気持ちを気遣ってくれているなら、脈ありの可能性が高いでしょう。


彼がなにを優先しようとしているのかを見極めて、恋の雰囲気を高めるチャンスを探ってみてくださいね。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)


これも脈あり?「また会おう」に隠された本音



カテゴリ