丸山隆平&中村アン、腕組み“ウエディング”姿「絵になる2人」 『着飾る恋』“はるはせ”オフショット公開

丸山隆平&中村アン、腕組み“ウエディング”姿「絵になる2人」 『着飾る恋』“はるはせ”オフショット公開

 今月22日に最終回を迎えたTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって』の公式SNSが29日に更新され、丸山隆平(関ジャニ∞)、中村アンの挙式オフショットが公開された。



【写真】「丸ちゃん照れてる」「絵になる2人」丸山隆平&中村アンの腕組み“ウエディング”ショット



 同ドラマは、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロイン・真柴くるみ(川口春奈)が、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。



 真柴との仲を深めていく、ミニマリストで自由気ままに好きな時だけキッチンカーでバルを営業する料理人・藤野駿を横浜流星、彼らとともに“ルームシェア”するオンラインカウンセラーの寺井陽人を丸山、アーティストの卵・羽瀬彩夏を中村が演じた。



 最終回では、羽瀬が画家の道を諦めて就職することを決意。これまでの作品を思い切って捨ててしまったものの、そのことを後悔していた。そんな中、彼女の作品をゴミ捨て場からシェアハウスに戻していた陽人。そのことを知った羽瀬は、陽人に「結婚しよう」と逆プロポーズし、ついにゴールイン。結婚式のシーンが描かれた。



 ツイッターでは「Happy Wedding」と、挙式シーンでのオフショットをアップ。ブラウンのタキシード姿の陽人と、肩出しウエディングドレスをまとった羽瀬が腕を組みながら寄り添う写真となっている。インスタグラムでは2人が向き合う別カットも投稿した。



 “はるはせ”夫婦の愛があふれる2枚に、ファンからは「素敵~なんて絵になる二人なの」「溜息が出るほどキラキラ」「お似合いの2人~」「美しすぎるはるはせ。夢のような素敵な場面でした」「ハセちゃんさすが!スタイル抜群」「丸ちゃん照れてるー可愛い」「ホントの結婚式みたい」などの声が寄せられた。
カテゴリ