片思いで苦しんでいるときに、やってみるべきことって?

片思いで苦しんでいるときに、やってみるべきことって?

片思いをしているときって、彼のことを考えてドキドキするのがうれしい反面、彼の気持ちがさっぱり分からず不安になることもあるでしょう。


そんなときはむやみに彼にアプローチをするのではなく、冷静になってみることがおすすめ。


頭のなかから、彼をいったん離してみるとなにか発見があるかもしれません。


今回は「片思いで苦しんでいるときに、やってみるべきこと」を紹介します。



自分磨きに時間をかける


彼のことばかり考えていた時間を自分磨きにかけてみましょう。


まずはファッション雑誌を見ることから始めてもいいですね。


新しいファッションやヘアスタイル、メイクを研究するだけでも女子力がアップしますよ。


自分を磨けば磨くほど自信もつくはず。そして知らず知らずのうちに魅力がアップし、片思いが両思いになるかもしれません。


自分の気持ちを書き出してみる


片思いのつらさは、他人に話しても理解が得られない場合もありますよね。


そんなときは思考を変えて、日記などに片思いのエピソードを書きとめてみましょう。


感情を文字にしてみると、いまの自分の気持ちを整理することができ「なにに悩んでいるのか」「私はどうしたいのか」などが見えてきます。


また書き出すことで心の浄化にもなり、すっきりした気持ちを味わえるでしょう。


書くよりも打つ方が早いなら、PCやスマホを利用して文字にするのもオススメです。


男友達と遊ぶ


片思い中ということは、実際はフリーな状態。なにかをすることを、誰かに遠慮する必要なんてありません。


「恋は盲目」という言葉があるように、片思い中はほかの異性に目を向けることなんてできないかも。ですが、あえて行動してみてください。


つらさで一人苦しむよりも、外で気を紛らわせましょう。


合コンやパーティなどに積極的に参加することで、彼しか見えていなかった状態から世界観が広がるはずですよ。


思いっきり泣く


大人になるほど、大泣きすることが少なくなりますよね。


でも、涙を流すという行動は心をすっきりさせる作用があるのです。


片思いのつらさを乗り越えるためにも、泣ける映画や本などを鑑賞して、我を忘れて泣くことをオススメします。


スッキリした心で彼へのアプローチを考えると、よい案が浮かんでくるはずです。


つらいときもアクティブに…


片思いは、どうしても独りよがりになりがちで、深みにハマればハマるほど孤独に陥りやすくなります。


そんなときこそ、思いっきり泣いたり自分磨きをしたり、誰かと出かけてみたりとアクティブに行動しましょう。


片思いで心を疲弊させないために、ぜひ実践してみてくださいね。


(森山まなみ/ライター)


(愛カツ編集部)


【実際のエピソード】いまなら笑える!つらかった片思いの話



カテゴリ