気配りのつもりが逆効果…!男性が彼女から言われたくないひと言

気配りのつもりが逆効果…!男性が彼女から言われたくないひと言

何気ないひと言、むしろ彼のことを思って言ったつもりの言葉だったのに、彼が機嫌を損なてしまった。こんな経験はありませんか。


相手からの言葉をどのように受け取るかは、人によってさまざま。男女によっても違いがあるかもしれません。


意図していないところで彼を傷つけることがないよう、今回は「男性が彼女から言われたくないひと言」を紹介します。




「どうでもいい」


相手に、「気遣う気すらないんじゃ……?」と思われるのがコチラ。


ケンカした勢いの投げやりな「どうでもいい」がNGなのは言うまでもありません。


でも、彼が真剣に悩んでいることや考えていることに対して「どうでもいい」と言ってしまっている人は案外多いものです。


そんなの気にしなくても大丈夫!的な意味で「どうでもいいじゃん、もう(笑)」なんて言いがちな人は気をつけましょう。


知らないうちに彼の愛情をすり減らしてしまうかもしれません。


「なんでもいい」


ご飯でもプレゼントでも、彼から「何がいい?」と希望を聞かれるシーンは意外に多いもの。


そんなとき、つい「なんでもいい」なんて答えていませんか?


じつは「なんでもいい」は男性からはかなり不評なんです。


「なんでもいいと言うくせにあとから文句を言うのはやめて」

「丸投げされると、喜ばせてあげたいって気持ちが薄れる」

「考えるのすら面倒、何をしても楽しくないってこと?」


このように、男性にとってはかなりもやもやするらしいのです。


彼女のお願いをかなえてあげて喜ばせたいという願望を持っている男性は多いもの。


謙虚に見せようとするより、無邪気なお願い上手のほうが愛されるかもしれませんよ。



「〇〇でいい」


「〇〇でいい」


自分の希望をストレートに口に出すのはなんだか悪いかも。そんな風に考えがちな女性にありがちな発言が「〇〇でいい」というものです。


「お昼何食べたい?」と彼に聞かれたとき。「(あんまり時間ないし、この辺に彼が推してるラーメン屋があったから)ラーメン『で』いい」なんて言ってませんか?


これでは、彼には発言の真意が伝わりません。「ほかのものが食べたいならそう言えばいいだろ」ともやもやさせてしまいます。


「この前おすすめって言ってたラーメン『が』食べたいな!」とストレートに口にするほうが、腹の探り合いになりません。


お互いが楽しい気持ちでいられるはずです。


「だから言ったじゃん」


彼はよかれと思ってやったみたいだけど、そんなのうまくいかないの当たり前じゃない?と思うこともありますよね。


彼にさりげなく忠告したのに、彼は自分の意見を曲げなかった。そして結局失敗してイライラしている……。


そんなとき、つい「だから言ったじゃん」と口にしてしまう人もいるでしょう。


でもそれ、彼の耳には「ほら見たことか」「ざまあみろ」と変換されて届いている可能性があります。


基本的に男性のプライドはちょっと高め。自分が失敗したことは分かっていても、そんな言い方をする彼女のことを「性格が悪い」「人の欠点を探している」なんて受け取ることがあるかもしれません。


「彼のためを思って」なんて気持ちが通じないときもあるのです。


彼の失敗には必要以上にコメントしないことも、優しさのひとつだと捉えましょう。


無神経だと思われないように


何気なく言った言葉のニュアンスも、それを気にする人もいるでしょう。


「彼女ってこういうところが無神経なんだよな」と思われないようにしたいものです。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


【実際のエピソード】男性が気疲れした「気配り」とは?



カテゴリ