やっぱりなんだか憧れちゃう。パリジェンヌみたいなフレンチカジュアルコーデを叶える6アイテムをご紹介


トレンドも追いかけたいけど、色褪せない定番ファッションもやっぱり素敵。



「パリジェンヌ」と聞いて連想するような、フレンチテイストを感じさせるファッションも、タイムレスに愛されるスタイルのひとつですよね。



今回は、取り入れればなんだか憧れのパリジェンヌっぽく仕上がる、お役立ちアイテムをご紹介します。



やっぱり外せないデニムパンツ





@______mi_ / Instagram



パリジェンヌといえば、デニムを上手に着こなしているイメージがありませんか?ベーシックなデニムパンツは、パリジェンヌコーデのみならず、どんなファッションでも重宝する定番アイテムですよね。



フランス国旗を構成する赤・白・青のトリコロールは、ファッションを一気にフレンチテイストに仕上げてくれるので、ぜひブルー系デニムを取り入れてみて。



色落ちの少ないインディゴブルーをチョイスすれば、コーデ全体をきゅっと引き締めてくれる効果も。



バケツ型かごバッグはクラシカルな魅力たっぷり





@1.0.am.1.2 / Instagram



1960〜70年代に女優・モデル・歌手として活躍した、ジェーン・バーキンを知っていますか?



1946年、イングランドに生まれた彼女ですが、20歳で渡仏してからは、「フレンチ・シック」の代名詞とも言えるアイコン的存在に。エルメスの有名バッグ「バーキン」の由来にもなりました。



そんな彼女が季節問わず愛用していたのが、バケツ型かごバッグなんです。



今ではさまざまなフォルムのかごバッグが登場していますが、クラシカルなバケツ型もやっぱり魅力的。ハンドルにスカーフを巻きつけたアレンジもおすすめですよ。



エコバッグでラフに仕上げるのも◎





@tinda_outfit / Instagram



数多くの有名ブランドが生まれたフランスですが、現地では意外とカジュアル志向な女性が多め。



街中の女性を真似っこして、キャンバス素材のエコバッグをラフに持てば、リアルなパリジェンヌに近いこなれ感が演出できるはずです。



写真で使われているのは、パリのブックストア「SHAKESPEARE AND COMPANY」のオリジナルエコバッグ。





セーヌ川のほとりに位置する「SHAKESPEARE AND COMAPNY」は、70年もの歴史を誇る老舗書店なんです。所狭しと本が並んだ店内は、一歩踏み入れればまるで物語の世界に入り込んだ感覚になるはず。パリを訪れる機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。



トートバッグ自体は日本国内でも取り扱っているショップがあるので、気になった方はぜひ探してみてはいかがでしょう。



フレンチルックの定番・バレエシューズ





パリジェンヌルックといえば、やっぱりバレエシューズ。「白Tとデニムのベーシックコーデにバレエシューズを組み合わせて…」なんて考えただけで、わくわくしちゃいませんか?



特に、トリコロールにも含まれる赤を差し色に使えば、一気にフレンチテイストが強まります。



フランス発の「repetto(レペット)」は、バレエシューズの王道とも言えるブランド。ですが、もし「憧れプライスで手が届きづらい」という場合には、カラバリ展開豊富な日本製のシューズブランド「kurun TOKYO」もおすすめですよ。



ボーダートップスでマリンテイストをプラス





@_monapi_ / Instagram



ボーダーのトップスは、フレンチマリンなムード作りに欠かせません。細めのボーダーなら、子どもっぽくなりすぎずにカジュアルさをプラスすることができますよ。



白ベースに黒やネイビーのラインが定番ですが、カラーを使って、少し遊び心をプラスするのも素敵かもしれません。こちらの記事では、さまざまなカラーのボーダートップスを提案しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



ベイカーパンツの“ワーク感”が小洒落てる





@shiho__95 / Instagram



意外のように思えるベイカーパンツも、フレンチカジュアルな雰囲気を引き寄せてくれるアイテムのひとつなんです。



“パン職人(ベイカー)が履いていたパンツ”が語源といわれるベイカーパンツ。



写真のように、ホワイトのブラウスと合わせれば、ワークパンツならではの“作業着感”が軽減されるのでおすすめです。ほかにも、ボーダーと合わせて思いっきりマリンな雰囲気に仕上げても◎





@9805rn / Instagram



今回は、“パリジェンヌっぽく”仕上げてくれるアイテム6つを紹介しました。



「すでに持っているものばかり」という方も、少なくないのでは?ぜひ、上手に組み合わせて憧れのパリジェンヌ風ファッションを楽しんでみてくださいね。



カテゴリ