『アタック25』秋に終了 46年の歴史に幕 最終回は「最強のチャンピオン決定戦」

『アタック25』秋に終了 46年の歴史に幕 最終回は「最強のチャンピオン決定戦」

 1975年4月から続く長寿番組『パネルクイズ アタック25』(ABCテレビ制作、テレビ朝日系)が、今秋に放送終了することが正式決定した。最終回(放送日未定)は、番組46年の歴史において数々の記録や伝説を生みだした歴代のトップ賞獲得者が集まり、最強のチャンピオンを決める「史上最強のチャンピオン決定戦(仮)」を放送し、華やかに幕を下ろす。



【写真】初代司会者・故児玉清さんと出題者・加藤明子アナ



 同番組は1975年4月6日に俳優の児玉清さんを司会に迎え、視聴者参加型のクイズ番組としてスタート。半年間は25分番組だったが同年10月から30分に拡大し、それを機に終盤で大逆転を狙える新ルール「アタックチャンス」が導入された。こぶしを握り、ちから強く「アタックチャンス!」をコールするしぐさは、児玉さんから、2代目司会の浦川泰幸アナ、そして現在の3代目司会の谷原章介に引き継がれ、番組を大きく盛り上げている。



 現在では数少なくなった視聴者参加型の番組であり、大きなルール変更もなく老若男女の誰もが楽しめるシンプルなルールで、日曜の昼の定番として長く愛されてきた。後続番組は、後日発表される。



『パネルクイズ アタック25』

・放送期間 1975年4月6日~2021年秋

・過去最高視聴率 1979/1/14の24.2%(関西)・1980/1/27の21.5%(関東)※ともに世帯視聴率

・歴代司会者

初代:児玉清 1975年4月6日~2011年4月10日

2代目:浦川泰幸(ABCテレビアナウンサー) 2011年4月17日~2015年3月29日

3代目:谷原章介 2015年4月5日~現在
カテゴリ