西川きよし、75歳も元気ハツラツ 藤山直美が絶賛「歴史上の人物です」

西川きよし、75歳も元気ハツラツ 藤山直美が絶賛「歴史上の人物です」

 お笑いタレントの西川きよし(75)、息子の忠志(53)が2日、東京・新橋演舞場で行われた舞台『おあきと春団治~お姉ちゃんにまかしとき~』初日前会見に出席。忠志は会見の冒頭に「西川家のことで恐縮ですが、父が本日をもって75歳を迎えました。きょうから後期高齢者でございます。元気でこうしてお仕事をさせていただけますことは、みなさまの支えのおかげです。父は新橋演舞場、初舞台でございます。75歳になって初めての挑戦ができる父を誇らしく思います」と万感の思いを語った。



【集合ショット】西川きよし&藤山直美ほかキャスト陣が登場



 目を細めながら聞いていたきよしは「忠志、あいさつが長い。75歳、後期高齢者、本当に元気ですわ。誕生日に新橋演舞場に立つことができるのは、最高のプレゼントです。(藤山)直美さん、ありがとうございます!」と感謝。これを受け、藤山は「(きよしは)現在生きていられる歴史上の人物ですから。さんまさん、ダウンタウンさん、たくさんいらっしゃいますけど、きよし師匠からバッと裾野が富士山のように広がっている。やすきよは、歴史上の人物ですので、私は一緒にやらせていただくこと、すごくうれしいです」と賛辞を送っていた。



 同作は、上方落語の爆笑王の異名をとった桂春団治とその春団治の破天荒な人生を支えた姉・おあきの物語を、明治、大正、昭和の大阪を背景に描いた物語。あす3日から26日まで上演される。初日前会見にはそのほか、金子昇、田村亮も出席した。
カテゴリ