小栗旬、霜降り・粗品に間違われる “逆転現象”に苦笑「いい迷惑ですよ(笑)」

小栗旬、霜降り・粗品に間違われる “逆転現象”に苦笑「いい迷惑ですよ(笑)」

 俳優の小栗旬が2日、都内で行われた映画『ゴジラvsコング』の初日舞台あいさつに出席。共演陣から質問を受ける中で、爆笑問題・田中裕二が「(霜降り明星の)粗品くんと会う度に、どんどん小栗くんに寄っていっている」と指摘を受けると、ある“逆転現象”が起きていることを明かした。



【全身ショット】キュートなデコ出しスタイルで登場した田中みな実



 かねてより「スプーンに写った小栗旬」をネタにし、そっくりさん(?)を公言している粗品。本人もこのネタを公認しており「友人から『ジーンズの広告に出てる?』って間違われるんですよ。俺やってないなと思って、調べたら粗品くんが出てた」と苦笑いしながら明かした。



 これに田中が「それ(粗品が)すごく喜ぶと思う(笑)」と手を叩く。さらに「前回の完成披露試写の写真をブログに上げたら『小栗さんが粗品さんににしか見えない』ってコメントがありました」というエピソードが紹介されると、小栗は「いい迷惑ですよ!」と笑い飛ばしていた。



 本作は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となるマッチメイクが、再び実現した。



 小栗が演じる芹沢蓮は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前2作に登場した芹沢猪四郎博士(渡辺謙)の息子という、重要な役どころ。“ハリウッドデビュー”を飾り、「撮影は2年前の3月くらいにオーストラリアで。ものすごくいいリゾート地に宿泊して、そこから1時間弱移動したスタジオで撮影しました。スケールがスゴかったですね。一つのシーンに掛ける時間も長かった」と振り返った。



 舞台あいさつにはそのほか、日本語吹替版キャストの、尾上松也、田中みな実、津田健次郎、笠井信輔が出席した。
カテゴリ