田中みな実“デコ出し”姿で笑顔振りまく 「すっかり女優さん」の声に苦笑も

田中みな実“デコ出し”姿で笑顔振りまく 「すっかり女優さん」の声に苦笑も

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実が2日、都内で行われた映画『ゴジラvsコング』の初日舞台あいさつに、ピンクのワンピース姿で登壇。前髪を上げた“デコ出し”姿を披露しながら笑顔を振りまいた。



【全身ショット】キュートなデコ出し&ピンクのワンピで登場した田中みな実



 本作は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となるマッチメイクが、再び実現し、日本から小栗旬が出演する。



 小栗が演じる芹沢蓮は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前2作に登場した芹沢猪四郎博士(渡辺謙)の息子という、重要な役どころ。日本語吹替版には、前作から引き続きの芦田愛菜、田中圭に加えて、新たに田中裕二、尾上松也、田中みな実、津田健次郎、坂本真綾が参加した。



 イベント冒頭、おしとやかに「マイア・シモンズの声を演じました田中みな実です。よろしくお願いします」とあいさつ。共演の爆笑問題・田中裕二から「すっかり女優さん。完全に女優さんですよね?」と茶々を入れられると「いやいや(笑) それイジってますよね?」と苦笑いで切り返した。



 気を取り直して、声優に本格挑戦した本作について「小栗さん初のハリウッド作品。お客さんとして公開を楽しみにしていましたが、まさかこういう形で携わることができるなんて思わなかったです」と笑顔で話すと「収録時間はあっという間でしたね。(観客には)『え、田中みな実って出てた?』と思われたらいいな」と期待に胸を膨らませていた。
カテゴリ