男性に「また会いたい」と思わせるデート中の会話テクニック

男性に「また会いたい」と思わせるデート中の会話テクニック

デートでは会話も弾んでいい感じだったのに、次のデートのお誘いがない……なんて経験はありませんか?


もしかしたら、彼に「また、すぐに会いたいな」とまで思わせることができなかったのかも。


今回は男性からの意見をもとに、また会いたいと思ってもらうための会話テクニックを3つご紹介。


気になる彼とのデートでぜひ使ってみてくださいね!



感謝や喜びを言葉にして伝える


「『こんな素敵なお店選んでくれて嬉しい』『時間作ってくれて嬉しい』と、言葉にしてくれる女性に弱いですね。


ついつい、いい気分になってしまいます」(25歳男性/音楽関係会社勤務)


女性に「嬉しい」と言葉にしてもらうことで、認められた気分になる男性は少なくないもの。


そんな居心地がいい女性とは、また会いたくなるでしょう。


彼とのデート中、嬉しい気持ちをちゃんと伝えていますか?


お店を探してくれたのならその行動に感謝するなど、伝えるポイントはたくさんあるはず。


意識してポジティブな感情を伝えるようにしてくださいね。


いいところを見つけて褒める


「女性にどんな仕事をしているのか聞かれて、『メーカーの営業です。地味な仕事ですよ』と答えたんです。


すると『そんな謙虚な態度が取れる男性はなかなかいないですよ。素敵です』と言ってくれて……。もっとこの人に話を聞いてもらいたいと思いました」(28歳男性/半導体メーカー勤務)


控えめな性格の男性だと、自虐的に語ることが多いかもしれません。


しかし、多くの人が褒められたいと思っているもの。


「そうやって自慢しないの、謙虚で素敵ですね」など、何か褒められるところを探しましょう。


弱いところも受け止める


「デート中、仕事の悩みを漏らしてしまったことがあって。せっかくのデートなのに申し訳ないなと思っていたら、『そんな真面目なところも良いと思うよ』と言ってくれて……。


聞き上手で優しいところに惹かれましたね」(27歳男性/教育関係会社勤務)


誰にでも、弱みやコンプレックスがあるでしょう。


他人に見せないようにしていても、ふとした拍子で漏れ出てしまうもの。


そんなときに「デート中だから楽しくしようよ」と流すのではなく、真剣に向き合ってあげてください。


そうすることで信頼感が増し、もっと多くの時間を一緒に過ごしたいと思わせることができるはずです。


デートのお誘いをゲットしよう!


一緒に時間を過ごすなら、自分のことを理解して、認めてくれる人がいいですよね。


それは男性も同じです。デート中には、男性を褒めたり、肯定したりする会話を心がけてみてください。


ぐっと距離が縮まり、またすぐにデートに誘われることでしょう。


(上岡史奈/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ