【THE MUSIC DAY】Little Black Dress、メジャーデビュー翌日出演「チャンスをいただいた」

【THE MUSIC DAY】Little Black Dress、メジャーデビュー翌日出演「チャンスをいただいた」

 岡山県出身のシンガー・ソングライター、Little Black Dress(リトルブラックドレス、22)が3日、日本テレビ系音楽特番『THE MUSIC DAY』(後3:00~10:54)に出演。川谷絵音プロデュースのデビュー曲「夏だらけのグライダー」を歌唱した。2日にメジャーデビューしたばかりのLittle Black Dressが楽曲に込めた想いを語った。



【更新中】『THE MUSIC DAY』出演アーティスト 本番前後フォト



――昨日メジャーデビューというタイミングでの出演ですが、今の思いをお聞かせください。



メジャーデビューでよりたくさんの方に歌をお届けするチャンスをいただいたと思っています。今日も生放送の場で「音楽が止まらない」気持ちをみなさまにお届けできるかなと思います。



――「夏だらけのグライダー」は川谷絵音さんのプロデュース楽曲。MVにはゲスの極み乙女。から休日課長さんが登場したことも話題です。この楽曲の聴きどころを教えてください。



まさに夏らしい楽曲です。「夏だらけのグライダー」ということで、メジャーデビューとともにチーム一丸となってコロナ禍の曇り空を切り裂くような気合い満々のスタートができています。勢いとパワーを音楽で伝えて、少しでも皆さんに寄り添えたらと思います。



――歌謡曲に強く影響を受けるなどさまざまな音楽がルーツになっているようですが、音楽への取り入れ方、発想の元はどういったところにありますか?



今まさに歌謡曲ブームですが、それより前から家庭の環境で歌謡曲に触れるタイミングが多かったです。いまはサブスクの時代なので、ジャンル問わずいい音楽に触れたいという気持ちですが、やはり日本の昔の歌謡曲に出会うことが多いです。作詞・作曲・編曲・プロデューサーの方々がそれぞれ背負って下さるからこそできる(歌謡曲の)クオリティなので、そういったものを新しく令和の時代に発信できたらな、と思います。
カテゴリ