あなたは大丈夫?貢ぎグセのある女性が、言いがちなひと言

あなたは大丈夫?貢ぎグセのある女性が、言いがちなひと言

どんな人に対しても、常に奢ったりプレゼントをあげたりしている。


このように「貢ぎグセのある人」は、あなたの周りにいませんか。


相手を思う心遣いは、とても素敵なもの。ですがクセになりすぎるのも注意が必要でしょう。


今回は「貢ぎグセのある女性が、言いがちなひと言」を紹介します。




「男女逆も、全然ありじゃない?」


「大学の同級生は『私働くの好きだし、男におごってもらうって考えが古いと思うんだよね~。男女逆も全然ありじゃない?』なんて言いながら、彼氏に貢ぎまくっています」(26歳女性/広報)


たしかにいまの時代は「専業主夫」なんて言葉もあるように、男女の生き方も大きく変化しています。


とはいえそれはお互いに納得の上で、相手を思いやる感情があってこそ成り立つものです。


貢いでもらっている男性は、あなたのことを「やった~!本当にチョロイ女だぜ」くらいにしか思っていない場合もゼロではありません。


男女平等どころか、完璧に好意を利用されてしまっています。


女性はそのことに早く気づき、目を覚ますべきかもしれません。


「私サバサバしてるから」


「貢ぎグセのある子ほど、やたらサバサバしているアピールをしてくる気がします」(28歳女性/美容師)


おそらく「サバサバしている=お金に執着していない」という考えなのでしょうね。


でも大金を使ってでも彼の気持ちを引き留めようとしているのであれば、それは執着以外の何ものでもありません。


彼が別れを切り出した途端、「あんなに色々買ってあげたのに何でよ!」と怒りだす可能性があります。



「好きだからいいの!」


「好きだからいいの!」


「ちゃんと『付き合おう』と言われたわけじゃない彼に、女友達が何十万もする時計をプレゼントしようとしてたんです。私が『さすがにやめたほうがいいんじゃない?』と言ったら、『私が好きなんだから別にいいの!』と怒られてしまいました」(26歳女性/飲食店ホール)


心配している女友達に対して、「好きだからいいの!」と半ば逆ギレをしてくる人もいるかもしれません。


周りが見えてない可能性が大きく、どんどん友達がいなくなっていく場合もありそうです。


好きだから何でもしてあげるというのは大きな間違い。彼と平等な関係が築けているのか、いま一度チェックする必要があるでしょう。


貢ぎ要員と思われないように


たまにあげるプレゼントはサプライズ感もありますし、日ごろの感謝や愛情を伝えるには最適な方法です。


しかしそれが当たり前になってしまうと、彼からただの貢ぎ要員としか思われなくなってしまうでしょう。


彼のことが好きだからこそ、自分に振り向いてもらえるよう恋愛の引き算をしていきましょうね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ