彼氏からのプレゼントが気に入らないときの、上手な対応って?

彼氏からのプレゼントが気に入らないときの、上手な対応って?

好きな人からのプレゼントは、何だってうれしいもの。……とはいかないようなものを貰うことってありませんか。


相手の気持ちを考えて使いたいとは思うものの、どうしても自分の好みじゃない。このようにもんもんとする人もいるでしょう。


そこで今回は「彼氏からのプレゼントが気に入らないときの、上手な対応」を紹介します。



欲しいものをはっきり伝える


彼に対してほしいものをはっきり伝えておくことで、かえって平和になることもあります。


「自分にピッタリのものを彼が選んできてくれる」的サプライズは期待できなくなりますが、「なんでよりによって私にコレを?」的ながっかりサプライズの心配も消えるでしょう。


「女性の喜ぶものって分からないから、リクエストしてくれたほうがこっちもラク」という男性も多いから、予算の折り合いさえついていれば一番平和な解決法と言えるかもしれません。


彼と会うときだけ使う


彼からのプレゼントだからと、趣味に合わないものを身につけつづけることはないでしょう。


彼とのデートのときだけ身につけて、あとはしまっておけばそれでOK。


あまり解決にはなりませんが、「人から貰ったものにケチをつけるのが苦手」という人には一番気軽な手段といえます。


とはいえそれをずっとガマンしつづけるのはイヤという人は、自分の好みを反映できるチャンスをつくりましょう。


「彼女の好み」ではなく「女ってこういうの好きなんでしょ?」とプレゼントを選んでしまう男性も多いもの。


「サプライズよりいっしょに買いに行くのが楽しいな」など「次回はいっしょに選びたい」アピールをしてみてください。


大喜びしてみる


今回は「たまたま」気に入るものじゃなかっただけ。こんな風にポジティブに考えられるなら、気に入らないプレゼントにもあえて大喜びしてみせて「次回はもっと喜ばせたい」と彼に思わせるのもよい方法です。


彼女の喜ぶ顔を見るとプライドが満たされ、機嫌がよくなる男性も多いもの。


そんなタイミングで「じつはこういうのも好きなの」と本当に欲しいものの候補を伝えておいたり、普段のデートのなかで「あれかわいい!」とアピールしたりしましょう。


「ああいうのも好きなのか」とあなたの好きなものをリサーチするようになってくれるはずです。


周りの声は無視する


周りの声は無視する


「彼からのプレゼントが気にいらなかった」こんな相談をすると「人の気持ちを踏みにじる気?」とか「彼氏かわいそう」「もらえるだけで感謝できないなんて図々しい」「私の彼はそんなことしないけどなー」などマウンティングしてくる女性もいるみたいです。


「気持ちを汲み取ってもらえないのが悲しい」というあなたとは、絶対に話がかみ合いません。


裏で「じつはプレゼント気に入らないんだって」と彼に告げ口をされる可能性もあります。


プレゼント問題に関しては外野の意見は無視することも、心を平和に保つコツです。


また周りの声に左右されずに貰ったものを使ってみると、案外気に入るなんてこともあるかもしれません。


「大事すぎて使えない」アピールする


高いんだけど、どうも自分には趣味が合わない……。こんなプレゼントもなかにはあります。


金額的に高いのは分かるし、好意でプレゼントしてくれるのは分かるんだけど、使う気にはなれないものもあるはず。


趣味をまったく無視したブランドのアクセサリーや、彼ママが「将来のお嫁さんに」と譲ってくれる古いデザインのジュエリーなども扱いに困るものです。


使わずにしまっておいて、「なんで使ってないの?」と聞かれたら「大事すぎて使えない」と説明しておきましょう。


自分の希望を伝えるのもあり


彼もあなたを悲しませるためにプレゼントを選ぶはずはありません。


嬉しいフリより本心から喜んでくれるほうが、彼も嬉しいでしょう。


図々しくならない程度に希望を伝えておくのも、カップル間の平和を保つためには大事なことです。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ