「社会人男性のLINE事情」を調査!なかなか既読がつかない理由は?

「社会人男性のLINE事情」を調査!なかなか既読がつかない理由は?

「彼からのレスが遅いけど、これって脈なし?」「決まった時間帯にしか返信がないのは、私に本気じゃないから?」


……などなど、気になる男性とのLINEに一喜一憂する女性も多いですよね。


でも、働く男性のLINEに対する感覚は、女性のそれとは別物なんです。


そこで今回は、社会人男性の「LINEに対する考え方」を調査!


彼らの本音を聞いてみました。



時間の感覚が違う


「社会人3年目に入った頃から仕事が忙しくなってきて、一週間が経つのが早い。仕事が終わる時間が遅いし、仕事帰りに軽く飲んで帰るときも、同じ会社の人しか誘えない。


LINEの返信だけならできなくはないけど、会う時間を作れないから、遊びの誘いのLINEには返事がしにくいこともある」(27歳男性/社会人5年目)


「仕事してたら一週間なんか一瞬だよ」という男性は多いもの。


女性が「3日も返事がない!」とカリカリしている一方で、男性は「昨日くらいにあのコからLINEきてたなあ……あとで返そう」くらいの感覚でいることも。


一方で、「彼女になら、一日一回はLINEをする」という男性も多いので、忙しい彼が相手なら、できるだけ早く交際にこぎつけて。


仕事中は私物の携帯を見ない


「100%内勤の人は例外として、会社から携帯を支給されている男性は多い。その場合、私物の携帯は仕事中は見ないかな。


会社の携帯に社内外からガンガン着信があるし、自分の携帯なんか見るヒマないよ」(33歳男性/社会人11年目)


社用の携帯と自分のスマホ、両方こまめにチェックするのはムリ!という男性も。


そうなると、仕事中は私物のスマホはカバンに入れっぱなしになりがちなのだとか。


そのタイミングでLINEを見ても返す機会がないので、返し忘れないように未読のままキープという人もいます。


そのため、「朝にLINEをしても夜まで既読もつかない」のは、必ずしも脈なしサインだとは限らないのです。


クヨクヨする必要はないでしょう。


返信タイムは「通勤電車」


返信タイムは「通勤電車」


「まだ付き合ってないコとのLINEなら、『時間があるから返信』じゃなくて『他に考えることのないときに返信』ってことが多いです。だから、だいたいLINEの返信タイムは通勤時。


誰かと約束があるときはLINEを気にするけど、そうじゃないなら手が空いたときにしか見ないです」(26歳男性/社会人3年目)


たしかに、通勤電車のなかでLINEしている男性って多いですよね。


働く男性は、仕事の休憩時間は頭が仕事モードだったり、終業後はジム通いや習い事を入れたりしていることも多いもの。


そして帰宅後は、わずかでも1人の時間がほしい……と言うことで、行きと帰りの通勤電車がLINE返信タイムにあてられるようです。


「私への返信ってヒマつぶしなの?」なんてネガティブに考えず、あえてこの時間を狙って送信してみるのもおすすめですよ。


LINEは「ツール」と割り切って!


「忙しい男性はLINEなんかするヒマないの?」と思いがちな上記のケースですが、ヒマがないというよりは「重要視してない」というのが本音です。


社会人になって数年が過ぎ、任される仕事が増えてきた彼らは、「今が頑張りどき!」と考えていることも多いのでしょう。


女性が自分のLINEで一喜一憂しているなんて、思っていないかも。彼らが重視するのは、会ったときの態度です。


LINEはあくまでも「デートのアポ取りツール!」と割り切り、LINEだけで彼の気持ちをはからないようにしてみるのもおすすめ。


脈あり・なしを、LINEだけで判断するのはもったいないですよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ