白洲迅&堀田茜、“7日間の結婚生活”出演 ラブミッションの監修は東村アキコ

白洲迅&堀田茜、“7日間の結婚生活”出演 ラブミッションの監修は東村アキコ

 今年4月11日に開局5周年を迎えた「ABEMA」の「オリジナルコンテンツProject」として、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』を日本版にリメイク。ABEMAオリジナルシリーズ新作恋愛モキュメンタリー番組として、9日午後11時から「ABEMA SPECIALチャンネル」で配信開始となる。



【写真】もう一組のペア、野村周平&さとうほなみ



 韓国の放送では、日本でも人気のSHINeeのテミンなど、韓国トップスターたちが出演し、一大ブームを巻き起こした。日本版では、先に発表された俳優の野村周平&バンド・ゲスの極み乙女。のドラム、そして女優としても活動するさとうほなみのペアに加え、俳優の白洲迅&モデル・女優の堀田茜のペアの出演が決定。



 番組は、2組の “7日間の結婚生活”に密着する、結婚モキュメンタリー。俳優たちが与えられた設定の中で、新居見学から家具選び、家具の組み立てなどを行う。芸能人ペアの貴重な結婚生活の様子から、思わずドキドキしてしまうようなシチュエーションや表情、言動が垣間見え、”どこまでが設定で、どこまでがリアルなのか?“を想像しながら楽しめるところが見どころ。



 白洲と堀田の“7日間の結婚生活”は、東京ドームシティで出会い、結婚指輪を買いにいくところからスタート。その後ロンドンバスでのウェディングパーティーを楽しみながら夜景を眺め、夫婦の距離を近づけていく。



 “7日間の結婚生活”について、白洲は「今のは設定なのかな?とか素顔なのかな?など想像をしながら、ぜひ楽しんでもらえたらと思います」。堀田は「心の底から楽しむことを忘れず、見てくださっている方が次週も楽しみになるような、真新しい"モキュメンタリー"を届けられるよう頑張ります」とコメントを寄せている。



 さらに、夫婦に課されるラブミッションの監修を、「東京タラレバ娘」などの人気漫画家・東村アキコが手掛ける。「指輪を交換し相手の目を見て誓いの言葉を交わして下さい」「夫婦で向かい合って一緒に暮らすためのルールを決めてください」など、“東村アキコワールド“全開のラブミッションの提案が2組の“7日間の結婚生活”に彩りを加える。東村は「韓国で大人気の、『私たち結婚しました』の日本版ということで私もこの結婚モキュメンタリーを応援させていただくこととなりました! 少女漫画家として2組のときめきが生まれる瞬間を見届けたいです!」と期待を寄せた。
カテゴリ