『ドラゴン桜』最終回の満足度は99Pt、春ドラマでは“首位”フィニッシュ

『ドラゴン桜』最終回の満足度は99Pt、春ドラマでは“首位”フィニッシュ

 最新のドラマ満足度ランキング(6月22日~6月28日放送を対象)によると、阿部寛主演『ドラゴン桜』(TBS系)の最終10話目(6月27日放送)の満足度は99Pt(100Pt満点)を獲得した。全話の平均満足度は88.4Ptで、春ドラマでは首位の結果を記録。平均満足度の2位は、88.3Ptとわずか1Pt差で松たか子主演『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)となった。



【写真】『ドラゴン桜』の“ポストガッキー!?”爽やかな衣装で…新垣結衣を彷彿とさせる表情の南沙良



 『ドラゴン桜』初回は、2005年に放送された前作と比較して様子を見る視聴者が多かったのか、満足度は61Ptとまずまずのスタート。2話目で65Pt、3話目では80Ptと大幅に上昇し、その後は右肩上がりでポイントアップを続け、5話目、6話目、8話目でも99Ptを獲得した。



 最終回では、東大専科の生徒たちの合格発表だけでなく、買収騒動の結末を描いた『日曜劇場』らしい演出、前作に登場した新垣結衣や山下智久(声のみ)の出演も大きな話題を集めていた。満足度の項目を見ると、「視聴量」「主演」「主演以外」「話題性」の4項目で20Pt満点を獲得。とくにTwitterで凄まじい量の反響が寄せられた。



 視聴者から寄せられたコメントは、10代から「感動もスカッと感もあって面白かった」「生徒たちの成長した姿を観れてよかった」、50代から「純粋に感動できた」「心が晴れやかになった」など、幅広い世代の男女から熱い内容が届いていた。



 王道の物語でしっかりと見せる演出、俳優たちの真摯な演技。さらにゲストによるサプライズ出演といった話題づくりなど、『日曜劇場』の本領を発揮した内容で高評価を集めた同作。すでに固定ファンを持つ枠ではあるが、学園青春ドラマという分野でも確かな結果を残すことができたようだ。
カテゴリ