残念ながら逆効果!男性が冷める「間違った駆け引き」とは

残念ながら逆効果!男性が冷める「間違った駆け引き」とは

恋愛では、駆け引きを上手に使うことによって、気になる彼の心を掴もうとすることもありますよね。


でも、駆け引きにこだわりすぎたり、角度の違うことをしたりしていると、逆効果になってしまうことも。


そこで今回は、男性が冷める「間違った駆け引き」をご紹介します。



わざとLINEの返信を遅くする


男性からのLINEにすぐに返信をしてしまうよりも、わざと少し遅らせることで焦らしの効果があるなどとよく言われます。


確かに、返信を待っている間に、男性があなたのことを考える時間をもってくれるようになるかもしれません。


でも、やはり基本的にはなかなか返信がこなかったら男性はイライラするだけですし、自分にあまり好意を持ってくれていないように感じる可能性も大。


とくに男性は、なにか用事があってLINEをすることが多いので、なるべく早めに返信するように心がけた方が印象は良くなるはずですよ。


重い相談をする


相談に乗っているうちに、なんとなく仲良くなっていき、気づいたら好きになっているというのはよくあること。


「相談」には、距離を縮めたり親近感を抱かせたりするような効果は多少なりともあるでしょう。


ただ、あまりにも重い相談やネガティブな相談、または愚痴や悪口ばかりの悩み相談をしたりすると、深入りしたくないと男性は感じるはず。


それでは親しくなるどころか、逆に男性から距離を置かれるようなことにもなりかねませんよ。


他の男性の影を感じさせる


「嫉妬」は恋愛のスパイスになったり、恋に刺激を与えて燃えあがらせたりすることもあります。


でも、わざと嫉妬をさせようとしたりすると、男性を怒らせたり、ドン引きさせることになる危険性も大。


他の男性の存在を匂わせるようなことをしたら、「じゃあ、その男と付き合えばいいじゃん」なんて思われてしまったりもするかも。


男の影をチラつかせすぎて、「軽い女」というイメージを持たれたりしたら、彼女候補から外されるだけです。


なんでも甘えて頼る


自分に甘えてきたり頼ってきたりする女性のことは、男性も可愛らしいと感じるもの。


とはいえ、なんでもかんでも甘えてくるような女性のことは、さすがに鬱陶しく感じるはずです。


それは甘えているというよりも、もうすべてを丸投げされている気分にもなるので、「それくらい自分でなんとかしろよ」と怒りを買ってしまったりもするかも。


一生懸命やってみたけれどできなかったときに、甘えられたり頼られたりすると、男性も「助けてあげたい」と素直に思ってくれるものですよ。


素直に気持ちを表現することも大事かも


駆け引きは使い方によって、プラスにもマイナスにも働いてしまうもの。


だからこそ、あまり駆け引きに頼りすぎずに、素直に気持ちを表現することも忘れないようにすることが大事になってくるでしょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ