深田恭子主演『劇場版 ルパンの娘』笑いあり衝撃ありの第1弾予告映像解禁

深田恭子主演『劇場版 ルパンの娘』笑いあり衝撃ありの第1弾予告映像解禁

 女優の深田恭子が主演する映画『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)の第1弾予告映像が解禁された。『翔んで埼玉』の武内英樹監督のコメディセンスがさく裂した、笑いあり衝撃あり、本編に期待が高まる映像となっている。



【動画】深田恭子主演『劇場版 ルパンの娘』第1弾予告



 『ルパンの娘』は、横関大氏の同名小説(講談社文庫)などを原作に、2019年7月期と20年10月期にテレビドラマ化され、ドラマ終了後に映画化が発表された。代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた人気シリーズ。



 本作の舞台となるのは、異国の地「ディーベンブルク王国」。ある日Lの一族の父・尊(渡部篤郎)が突然「泥棒引退」を宣言し、これまで迷惑をかけてきた華と和馬にちょっと遅めの新婚旅行をプレゼントするが、本当の目的は、王国に眠る史上最大のお宝。そしてLの一族最後のお仕事は、華も知らない一族最大の謎に迫ることに――。



 解禁された予告映像は、「祝!引退!」という文字と共に、泥棒引退を決意した尊に華が感謝を伝え、満面の笑みで花束を手渡すシーンから始まる。華と和馬の新婚旅行先としてディーベンブルク王国を訪れた一族だが、実は引退は先送り!? 王国の秘宝である王冠を盗む目的もあったと知らされ呆れる華と和馬をよそに、マイペースに計画を進める泥棒一家おきまりのコミカルなやりとりは劇場版でも絶好調。



 しかし、渉(栗原類)の調査でほかにも王冠を狙う者がいることがわかると、順調に見えた計画が急展開。ドラマシーズン2でLの一族を窮地に追い込んだ強敵、ナターシャ(太田莉菜)が突如現れ、愛娘の杏(小畑乃々)が連れ去られてしまう。愛する者の危機に、華は再び泥棒スーツを身にまとう。



 さらに、豪華俳優陣が演じる個性豊かなキャラクターは劇場版でも健在。警察官でありながら捕まり癖のある和馬のアクションカットや、代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)の冷静沈着な人柄からは想像もつかないほどの甘え声、赤いドレスに身を包み華麗にマスクを脱ぎ捨てる悦子(小沢真珠) 、「渉行きます!」と意気込みてんとう虫型飛行機を操縦する渉、そしてドラマ放送時にはTwitterの世界トレンド上位にランクインする程話題となった「Lの呼吸...」と呟きポーズを構える杏の姿も。



 さらに白塗りで水晶玉を操るマツ(どんぐり)と優雅に舞う巌(麿赤兒)、緊迫した様子で助けを指示する尊や、ピラミッドの前で華麗なジャンプを披露する円城寺輝(大貫勇輔)と輝の父・豪(市村正親)、和馬の祖父・和一(藤岡弘、)の太刀捌きカットもあり、おなじみのオールスターキャストが勢ぞろい。



 そして映像の終盤では、先日解禁となった観月ありさ演じるもう一人のLの一族・三雲玲の姿も。「玲は俺の妹だ」という尊の告白や、「三雲玲は死んだって…」という悦子の衝撃的な言葉が収められている。果たして、長年姿を隠しLの一族から離れて暮らしていた玲は、何故再び一族の前に姿を現したのか? 観月も物語のキーパーソンと語る三雲玲に秘められた真実とは?



 闇夜に浮かぶ城への潜入シーンや、謎の敵との本格アクション、シリーズではおなじみのてんとう虫柄の車が空を飛ぶ(!?)映像も映し出されており、ルパンワールドは確実にスケールアップしている。

カテゴリ