豆腐・豆乳メーカーから生まれたカフェ「TOFFEE」が東京初出店&POP UPイベント開催

豆腐・豆乳メーカーから生まれたカフェ「TOFFEE」が東京初出店&POP UPイベント開催


1959年創業、豆腐・豆乳を製造する三原食品から生まれた新しいスタイルのカフェ「TOFFEE」が東京初出店&POP UPイベントを開催中だ。

豆腐・豆乳の新提案


「TOFFEE」は、三原食品の歴史やコンセプトをバックボーンに生まれた、新しいスタイルのカフェスペース。

福岡で誕生した1号店「TOFFEEpark」では、エスプレッソと豆乳をブレンドした代表作「ソイラテ」をメインとする5種のラテメニューをはじめ、豆乳を使うドリンクを多数展開。そのほか、豆乳ベースのジェラートを用いたシェイクなどのスイーツや九州産のオーガニック食材を原料にしたソーダなども提供している。

「TOFFEE」のスイーツの代表作でもある「アイス豆腐チョコ」は、豆腐や豆乳の既成概念を覆す「豆腐屋からの新提案」として生まれたスイーツ。豆腐のような柔らかな食感と口溶けは、一度食べたら忘れられないという。

POP UPではドリンクやグッズなどを販売


「TOFFEEtokyo POPUP」は、7月8日(木)~14日(水)の期間限定で、good morningsと三菱地所プロパティマネジメントが運営するパブリックカフェ「Marunouchi Happ. Stand & Gallery(マルノウチ ハップ スタンドアンドギャラリー)」にて開催。3種のドリンク、「アイス豆腐チョコ」を販売する。


ドリンクには、豆乳濃度13~15%と濃厚で、大豆本来の甘味と風味を楽しめる「無調整豆乳(ICE)」¥550(tax in)、スパイシーな味わいのジンジャーシロップを使うチャイのような「ソイラテジンジャー(ICE)」¥680(tax in) 、ジンジャーが香るノンカフェインの「ソイジンジャー(ICE)」の3つが登場する。


自家製のお豆腐と豆乳をふんだんに使った口溶け優しい「アイス豆腐チョコ」には、ベーシック、抹茶、ピスタチオ、ほうじ茶の全4種のフレーバーがラインアップ。手土産としてテイクアウトもできる「レギュラーサイズ(18粒入り)」¥1850(tax in) はもちろん、今回は「TOFFEE」限定イートイン専用の「ミニサイズ(6粒入り)」¥550(tax in)も用意している。


さらに、「TOFFEE」オリジナルグッズの販売も行われる。

新店舗には東京でしか味わえないメニューも


また、7月21日(水)開業予定の常盤橋タワービル内商業施設ゾーン「TOKYO TORCH Terrace」にオープンする「TOFFEEtokyo」では、ジェラートをはじめ東京でしか味わえないオリジナルメニューも登場。古くから知られるヘルシーフード、豆腐・豆乳の新提案を味わってみて!

【TOFFEEtokyo POPUP】
◆開催期間:7月8日(木)~14日(水)
平日|8:00~20:00(food L.O19:00、drink L.O.19:30)
土・日・祝日|11:00~20:00(food L.O19:00、drink L.O.19:30)
※新型コロナウイルスの影響により、営業時間を変更している
◆開催会場:Marunouchi Happ. Stand & Gallery(東京都千代田区丸の内2丁目5番地1)
カテゴリ