私のこと好きじゃないの?「愛情表現しない男性」の心理

私のこと好きじゃないの?「愛情表現しない男性」の心理

私はつねに「好き」って言ってるのに、彼は全くと言っていいほど「好き」と言ってくれない。


たまには「俺も好きだよ」くらい言ってほしいのに……。


こんなことばかりだと、愛されているのか不安になりますよね。


そこで今回は、「愛情表現しない男性」の心理をご紹介します!



態度で示したいから


言葉よりも、自分の行動や態度、2人の間に流れる空気感がなによりも大事だと思っているのが男性。


逆に、女性は言葉を貰いたい傾向があります。


このタイプの男性と長く付き合っていくには、空気感を大事にした方が良さそうです。


では、どんなところから態度で「愛情表現」しているかがわかるのでしょうか。


ズバリ、「絶対にあなたの嫌がることをしない」ということです。


これって簡単なようで、相手を本当によく見てよく話を聞いてないとできません。


わかりやすい言葉の愛情表現よりもずっとずっと深い意味があるんですよ。


そしてこういう男性は、女性にも同じように「絶対に俺の嫌がることをしない」という対応を求めています。


言葉に責任を持ちたいから


「好き」と言わない女性なら、こんなとき「素直じゃない」と言われてしまいますが、じつは男性でも好きな気持ちを素直に言葉に出せないときがあります。


男性は素直じゃないからこそ、先に彼女に「自分のことを好きかどうか」聞いてくるもの。


たとえばキスのあと、彼女がいまこの瞬間絶対に、自分のことを好きだという確信が持てたときに聞いてくるのです。


もちろん彼女が「好き」と答えたあと、彼氏の方に聞いてみるとそのときは「好き」と言ってくれるでしょう。


このタイプの男性は付き合いはじめの頃は悩みますが、付き合いが長くなるにつれ自然に愛情表現してくれるようになるはず。


言葉だけの男性には要注意


女性はどちらかというと、つねに好きと言われて安心したいですよね。


でも男性は「好き」という言葉は「あなたのすべてを受け止める」という意味を持っている、と思っています。


言葉ひとつに責任があるからこそ、なかなか「好き」って言えないのです。


あなたの見た目も、感情的な部分も気持ちもすべて自分が受け止められると思ってからでないと口に出せないのだとか。


はじめから「好き」と何度も言ってくる男性は、言葉を軽く見てるかもしれません。


彼の愛情表現はじつはすぐそばに


たまにしか言って貰えないからこそ、彼からの「好き」という言葉って本当に嬉しいですよね。


もっともっと彼に好きっていわれるように、いつも前向きな努力をしたいものです。


ですが、言葉以外でも愛情表現はあるもの。


彼の行動に目を向けてみるのもいいかもしれませんよ。


(只野あさみ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ