アプローチできる!男性に好印象な、デート後のLINEテクニック

アプローチできる!男性に好印象な、デート後のLINEテクニック

男性とのデートでは、効果的にアプローチをすることで関係を少しでも発展させたいと思うものでしょう。


じつは、アプローチできるのはデート中だけではありません。デート後のLINEが、とても重要なんです。


お礼を言ったり楽しかったことを伝えたりはするけれど、「ほかにも何かあるの?」と思ったあなた。


次のページから「男性に好印象な、デート後のLINEテクニック」を具体的に紹介するので、ぜひ参考にしてください。



とくに楽しかったポイントを具体的に伝える


相手にただ「楽しかった~!」と伝えるのも、そこそこアプローチにはなります。


ですがおすすめの伝え方は、「とくに楽しかったポイントを具体的に伝える」ということ。


「ごはんが美味しかった」を言い換えるなら、「ハンバーグが肉汁たっぷりで、すごくジューシーだったね!本当に美味しかった」


「水族館が楽しかった」を言い換えるなら、「迫力あるイルカショーで、気づいたら席から立っちゃいそうになってた(笑)」


このように具体的に伝えることで、リアルな気持ちを強くアピールできるでしょう。当然、社交辞令のようになりません。


きっと彼も「連れて行ってよかった」「こんなに喜んでくれるなら次回のデートも楽しみ」と思ってくれるはずです。


解散後すぐに送る、そして翌日も話題に出す


デートのお礼LINEを送るタイミングですが、解散後すぐに送るのがベスト。帰りの電車のなかなどで送るといいでしょう。


前述しましたが、「楽しかった」をはじめ「ありがとう」「また遊ぼう」などの気持ちを、自分の言葉にちょっぴりアレンジして伝えてみてください。


LINEがつづいているようであれば、翌日もデートのことを話題に出すといっそう効果的です。


「昨日の映画楽しかったな~って思い出してたところ!」「昨日いっしょに食べた焼肉、美味しすぎてまだ忘れられません!」と、いっしょに体験したことを振り返るといいでしょう。


ちなみに、「昨日の〇〇さんの笑顔かっこよかった!」はカップルならば大いにありですが、付き合う前はやめておいたほうが無難です。


翌日も話題に出すことで、「相当楽しんでもらえたんだな」「こんなに喜んでくれてよかったな」と彼もうれしい気持ちになりますよ。


「初めて」「普段と違う」ということを伝える


「初めて」「普段と違う」ということを伝える


「楽しかった」を自分の言葉にアレンジする際は、「初めて」「普段と違う」ということをアピールする方法も効果的。


「普段はオフィス街と家の往復なんですけど、自然が感じられる場所に連れて行ってもらえて本当に癒やされました」「あんなに美味しいお魚を食べたの初めて」


このように、気持ちを自然と文章に入れたらあなたのうれしさがより伝わります。


また男心をくすぐる言葉でもあるので、「もっと新しい体験をさせてあげたい」「あの場所にも連れて行ってあげたい」と、次のデートに誘いたいという彼の欲も増えるでしょう。


あなたなりのメッセージを考えて


デートの直後は相手の気持ちも盛り上がっているので、彼との心の距離をぐっと縮めるチャンス。


好印象なデート後LINEを送れば、「やっぱりいい子だな」「好きかもしれない」と思ってもらうことができるかもしれません。


デートが終わったからといって気を抜かず、あなたなりのメッセージを考えて送りましょう!


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ