『京都大作戦』10日&11日開催を中止 コロナ感染拡大、悪天候、交通障害を懸念

『京都大作戦』10日&11日開催を中止 コロナ感染拡大、悪天候、交通障害を懸念

 3人組ロックバンド・10-FEETが主催する野外フェスティバル『京都大作戦2021~中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)~』が、10日と11日に予定していた開催を中止(延期)することを公式サイトで発表した。



【画像】ソーシャル・ディスタンス確保の狙いも!配布される「オリジナル万能傘」



 同フェスは先週の3日&4日に第1週、10日&11日に第2週を開催予定だったが、1週目の直後から「地元の方々より2週目の開催を懸念、不安視する様々な声を頂きました。その内容を真摯に受け止め」、10-FEETメンバーとスタッフによる協議の結果、「開催を断念することに致しました」と報告。「また、先日から続いております悪天候、それに伴う交通障害も懸念事項の一つとなります」と説明した。



 現状、中止ではなく延期の可能性も探っており「現時点ではいつ開催できるか分かりません。同じ会場で開催できるかも分かりませんし、同じ出演者に集まって頂ける保証もございません。その先の京都大作戦2022が開催できるかどうかさえも分かりません。それでもコロナ禍において開催できた1週目に集まった音楽の力を、このまま終わりにしたくない、絶対に消してはダメだと感じています」とフェスへの思いを伝えた。



 先日も国内最大規模の音楽フェス『ROCK IN JAPAN』の中止が決定したが「各地の夏フェスも開催され、10-FEETも出演させて頂きます。全国各地が自粛ムードに染まるのではなくルールやマナーを守って安全に、そして地域の方々に迷惑をかけることなく、アーティストの奏でる音楽や思いが全国各地を元気にしてくれることを切に願うばかりです」と呼びかけた。



 『京都大作戦』は、バンド結成10周年を記念して2007年に立ち上げた主催フェスで、初年度は台風の影響により中止に。翌年から回を重ねていき、2017年に開催10回目を迎え、初めて3日間で開催された。昨年は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、開催中止を余儀なくされたが、今年は感染症対策を実施して安全な開催を目指していた。



■日別の出演アーティスト

7月10日(土)

打首獄門同好会、ウルフルズ、SHISHAMO、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、HEY SMITH、ROTTEN GRAFFTY、Unblock、Suspended 4th、NAMBA69、HERO COMPLEX、夜の本気ダンス、LABRET



7月11日(日)

Creepy Nuts、G-FREAK FACTORY、SiM、10-FEET、back number、ヤバいTシャツ屋さん、WANIMA、上江洌.清作&The BK Sounds!!、AGE FACTORY、SHADOWS、SHANK、Hakubi、LONGMAN
カテゴリ