【鎌倉殿の13人】市川猿之助、頼朝に怪しく迫る謎の僧・文覚役 大泉洋から「手取り足取り指導」

【鎌倉殿の13人】市川猿之助、頼朝に怪しく迫る謎の僧・文覚役 大泉洋から「手取り足取り指導」

 NHKで2022年に放送予定の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第四次出演者発表が9日、公式ツイッターなどで行われ、歌舞伎俳優の市川猿之助(東京都出身)の出演が明らかになった。「頼朝に怪しく迫る謎の僧」文覚(もんがく)役を演じる。大河ドラマは、『風林火山』(2007年)の武田信玄役、『龍馬伝』(10年)の今井信郎役以来、3回目。



【画像】キャラクターの印象的なせりふとは?



 本作は、源平合戦を経て鎌倉幕府を開いた源頼朝に全てを学び、彼の死後、激しい内部抗争の末に二代執権として幕府のかじを取った北条義時(小栗旬)が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか、を描いていく。



 10年以上ぶりに出演する大河ドラマが、三谷作品ということで「役者としてこのような喜びはございません」と感謝するとともに、撮影現場では本作で源頼朝を演じる「大泉洋先生から、手取り足取りご指導いただき務めさせていただいております」と、茶目っ気たっぷり。



 江島神社の「八臂(はっぴ)弁財天」(神奈川県の重要文化財指定)は頼朝が文覚に命じて造らせたものと伝わるなど、文覚は源頼朝の歴史に度々登場する僧。猿之助は「役として特に思い入れはございませんが、いただいたお仕事として精一杯務めさせていただきます」とコメントしているが、『半沢直樹』(2020年)で強烈なインパクトを残した猿之助が頼朝にどう「怪しく迫る」のか、解禁されたキャラクターの印象的なせりふからも期待が膨らむ。



■発表済みキャスト(★=大河ドラマ初出演)



【北条家】

北条義時…小栗旬

北条政子…小池栄子

北条宗時…片岡愛之助

阿波局…宮澤エマ★

北条時政…坂東彌十郎★

牧の方…宮沢りえ



【源氏】

大姫…南沙良★

源行家…杉本哲太

源頼家…金子大地★

阿野全成…新納慎也

源範頼…迫田孝也

源義経…菅田将暉

源頼朝…大泉洋



【平家】

平清盛…松平健

平宗盛…小泉孝太郎



【坂東武士】

比企能員…佐藤二朗

畠山重忠…中川大志

安達盛長…野添義弘

三浦義村…山本耕史

和田義盛…横田栄司

伊東祐親…辻萬長

土肥実平…阿南健治

梶原景時…中村獅童



【幕府官僚】

大江広元…栗原英雄

三善康信…小林隆



【第二次出演者発表】

八重…新垣結衣★

上総広常…佐藤浩市

後白河法皇…西田敏行



【第三次出演者発表】

藤原秀衡…田中泯

亀…江口のりこ

武田信義…八嶋智人

三浦義澄…佐藤B作

丹後局…鈴木京香

木曽義高…市川染五郎★

仁田忠常…高岸宏行(ティモンディ)★

道…堀内敬子★

平知康…矢柴俊博

善児…梶原善

比企尼…草笛光子



【第四次出演者発表】

木曽義仲…青木崇高

巴御前…秋元才加★

牧宗親…山崎一

千葉常胤…岡本信人
カテゴリ