中村倫也、欲するものは「バナナマンのコントライブ」 シャレ交えて思い語る

中村倫也、欲するものは「バナナマンのコントライブ」 シャレ交えて思い語る

 俳優の中村倫也が9日、都内で行われたアニメ映画『100日間生きたワニ』初日舞台あいさつに登壇。かねてから親交の深いバナナマンへの熱い思いをにじませるコメントを寄せた。



【動画】舞台挨拶に不在の声優・木村昴になりすまして挨拶した中村倫也



 「定期的に欲するもの」とのトークテーマで、神木隆之介がゲームのコントローラーを挙げて「コントローラーを持っている時は無意識に動く」と熱弁。これを受けて、中村は「バナナマンさんのコントライブですかね。バナナマンさん好きで(コントライブのDVDが)全部あるんですけど、休みの日は自然と、とりあえずディスク入れるみたいなことをやっていますね。コントのせりふや音楽を聞くだけでわかるんですよ、指が動くんです」と、シャレを交えながら明かしていった。



 同作は、きくちゆうき氏が自身のツイッターで2019年12月12日から20年3月20日まで100日間毎日投稿していた漫画が原作で、主人公のワニの日常を描いた物語。「100日後の死」を前提に描いており、1日目は、ワニがただテレビを見て笑っているだけの誰にでもある普通の風景だが、4コマ目の最後に「死まであと99日」と“死”へのカウントダウンを告知する斬新な作品で話題となった。映画で描かれるのは、100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿となる。



 舞台あいさつにはそのほか、新木優子、ファーストサマーウイカ、上田慎一郎監督、ふくだみゆき監督も登壇した。

カテゴリ